ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

渋い外観「ねぎぼーず」の玉ねぎ天がものすごく甘いらしい!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20160802182822j:plain

サクっとした食感。

ふわりと空気のように軽い口当たりのあとに広がるのは、いつまでも続きそうな長い余韻。

一見さんが入ってくることを拒むような渋い外観のお店、

「ねぎぼーず」のアレがたまらなく「甘い」というのです。

その名も「玉ねぎ天」

店名が「ねぎぼーず」で、名物が玉ねぎを使った料理なんて。

それって最高じゃないですか!

北海道の肥沃な大地が育てた、

採れたて新鮮なタ玉ねぎを贅沢に味わってきます!

今日は札幌で飲み歩き

f:id:mesitsu_lc:20160802182814j:plain

玉ねぎみたいに「使える」社員がいると、会社は勢いに乗るんだろうな〜と思う、メシ通レポーターの裸電球です。

煮てよし、揚げてよし、炒めてよし。

野菜界のエリートですよね。

そんな玉ねぎ、やっぱり北海道産は美味しいんです。

やってきたのは味のあるお店が並ぶ界隈!

f:id:mesitsu_lc:20160802182815j:plain

うへー!

ここですか……。

ハードル高めな外観……。

目的のお店「ねぎぼーず」です。

なんとも味のある佇まいですね。

中の様子も見えないため、

入店するのに少し勇気がいります。

f:id:mesitsu_lc:20160802182816j:plain

かわいい看板ですね。

タマネギを模したキャラクターでしょうか。

何とも言えない表情、つぶらな瞳です。

さらに、クリスマスツリーに使うような電飾がキラキラ。

直感でわかります、このお店、絶対楽しいですよ!

ちょい飲み、ちょい食べに最適

f:id:mesitsu_lc:20160802182817j:plain

メニューいろいろで楽しいですね。

おそばもあるようです。

〆にズズズッと最高じゃないですか!

つまみも充実、楽しみです。

f:id:mesitsu_lc:20160802182831j:plain

いつも常連さんの椅子取り合戦状態だといいます。

このお店、以前はラーメン屋さんだったんですって。

混んでくると、座れないお客さんが、

「店側」に入り、立ち飲みするそうです。

お客さん同士が向かい合って飲むなんて、距離が近い!

いや、なんとも味のあるお店ですね!

f:id:mesitsu_lc:20160802182833j:plain

柔かな笑顔の谷 茂さんです。

マスターを慕って、連日常連さんでコミコミ。

金融のお仕事を定年退職されたとき、

社会との接点を持ちたいとお店をオープンされました。

「ボケ防止ですよ」と笑います。

f:id:mesitsu_lc:20160802182818j:plain

かんぱーい!

予想的中の楽しい夜になりそうです。

まずは冷えたビールをキュッと。

エンジンがかかります。

f:id:mesitsu_lc:20160802182819j:plain

これだけで飲んでいられそうです。

お通し、300円。

横の席にはコンサドーレ札幌を応援するサポーター。

試合内容について、熱いトークを繰り広げています。

すぐに仲良くなれそうな、不思議な店内。

狭いってのは、コレ。

実は最高の強みなんじゃないでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20160802182822j:plain

「ねぎぼーず」と言えば、こちら!

「玉ねぎ天ぷら (380円)」です。

食べる前からサクッと軽いのがわかりますよね。

f:id:mesitsu_lc:20160802182824j:plain

珍しい!

カレー塩ですか。

これをチョンチョンしていただくんですね。

f:id:mesitsu_lc:20160802182825j:plain

サク……!

うわ~、これ美味しいです。

衣はサクッと心地よい音をたて、

すぐに玉ねぎの甘みが口いっぱいに広がります。

フライではなく、天ぷらというところがポイントです!

f:id:mesitsu_lc:20160802182834j:plain

これまでに「札幌黄」という珍しい種類の玉ねぎをはじめ、

旬の玉ねぎを使って、天ぷらを作るのだそうです。

この日は北海道・北見市産の新玉ねぎだそうです!

新玉ねぎは水分が多いので、揚げる時間などを微調整するんだとか。

血液がサラサラになりそうなおつまみですよね!

f:id:mesitsu_lc:20160802182832j:plain

北海道の玉ねぎ、最高です!

甘さが全然違いますよ。

ビールも進むので、お客さんもガンガン注文しています。

「はい、ちょっとごめんね~」

「後ろ、通るよ~」

「ちょっと、これ、奥に回して!」

いいお店です。

f:id:mesitsu_lc:20160802182829j:plain

ビールや日本酒に潜むように。

「青汁焼酎 (380円)」という文字を発見。

なんですかそれ!

「ねぎぼーず」、そんなこともやっちゃいますか!

f:id:mesitsu_lc:20160802182821j:plain

ごおおお!

完全に青汁じゃないですか。

「元気になりそうでしょ?」と笑う谷さん。

確かに、飲みすぎる罪悪感を、

フワッと包んでくれる優しさを感じます。

常連さんの中には、二日酔いになりづらいと愛飲する方もいるんだとか。

味わいはというと……。

飲みやすいんです!

青汁独特の風味はするものの、焼酎とはケンカしていないんですよね。

これはハマりそうです。

楽しい夜が暮れていく

f:id:mesitsu_lc:20160802182826j:plain

隣と席が近いので、

つまみのシェアも良くあることです。

さきほどのサポーターの常連さんが、

これも美味しいから食べてみろとご馳走してくれました。

「ちくわ天 (380円)」です。

ちくわの中には、ウインナーとチーズ。

「ねぎぼーず」は天ぷらが美味しいですね!

こちらもサクッとほどよい衣がついています。

f:id:mesitsu_lc:20160802182823j:plain

ということで、潜入した「ねぎぼーず」。

常連さんに愛される温かいお店でした!

それにしても玉ねぎ、甘かった~。

お店はそばも人気なので、トッピングにもオススメです。

店名が「ねぎぼーず」、名物が玉ねぎ。

これは名店を見つけたのではないでしょうか。

渋い外観なので、入店するときはちょっと勇気がいりますが、

入ってしまえばパラダイス。

すぐに常連の仲間入りですね。

ごちそうさまでした!

お店情報

ねぎぼーず

住所:北海道札幌市西区琴似1条1丁目7-8

電話番号:090-3118-2087

営業時間:17:30~23:00(LO 22:30)

定休日:日曜日・祝日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「バホそばドン丼」ってなんですか? 老舗のおそば屋「三徳」で見つけた不思議メニュー!
あなたはどっち!? 壁一枚を隔てた「ちょこっと寿司」と「ちょこっとステーキ」【札幌】
心がドリブルしてどこかに行ってしまう! サッカー選手とごはんを食べるイベントに参加してきた!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。