体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【むしろ食欲が止まらない】ウズベキスタン料理店「サマルカンド」の「オーシュ」「バラク」は食べるべき【ハラールレストラン】

グルメ
f:id:Meshi2_IB:20160728190620j:plain

浅草付近をうろうろしていたところ、「ウズベキスタン料理」という看板を発見しました。しかも、近年都内に増えているハラール料理が味わえるとのこと。

f:id:Meshi2_IB:20160728190621j:plain

しかもなんと、餃子のような料理まであるようです!

恥ずかしながら、世界地図におけるウズベキスタンの位置も曖昧なら、使用言語すらもわからない(のちにウズベク語だと知る)んですが、この文字を見たら入らずにはいられません。

いても立ってもいられず、そのドアを開きました。

f:id:Meshi2_IB:20160728190622j:plain

というより、開かなくても開いていました。浅草寺から歩いて10分程度という立地もあってか、さまざまな人種の人が「ウスベキスタン料理?」という表情を見せ、時には声を発しながらお店の前を通る姿が、店内からよく見えます。

f:id:Meshi2_IB:20160809090936j:plain

店内のカウンターには、料理にも使われるドライフルーツやナッツ、現地のアクセサリーなどが置かれ、アジア系の食材店やマーケットを思わせます。

f:id:Meshi2_IB:20160728190624j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会