ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

1.2GHz駆動のOMAP 4を搭載したGalaxy S II「GT-I9100G」がアジア地域で発売中らしい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アジア地域で1.2GHz駆動のデュアルコアOMAP 4430を搭載したGalaxy S IIが発売されているようです。GSMArenaで公開されている写真によると、OMAP 4版のモデル名は「GT-I9100G」。Samsungはプレスリリース等でOMAP 4版の存在を大々的に宣伝することは行っていませんが、中国のSamsungが同社の公式サイトでGT-I9100Gのスペックを公開していたりします。スペックシートによると、ディスプレイは4.3インチWVGAサイズのSuper AMOLED Plus、サイズと質量は125.3×66.1×8.49mm・116g、バッテリー容量は1,650mAh、内蔵ストレージの容量は16GB、背面カメラは800万画素で1080pフルHD動画も撮影可能、前面カメラは200万画素、GSM/WCDMA(850/900/1900/2100MHz)、HSDPA 7.2Mbps対応となっています。Samsungチップを搭載するGT-I9100とは、SoC以外とHSDPAの下り速度以外の違いはなさそうです。NFCの搭載/非搭載は掲載されていないので非対応と思われます。Source : GSMArenaSamsung 


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、米AT&Tに「Nitro HD(Optimus LTE)」を投入、端末画像がリーク
日本エイサー、国内版ICONIA Tab A500をAndroid 3.2にバージョンアップ
ASUS Japan、国内版Eee Pad TransformerとSliderのマイナーアップデートを実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。