ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アユタヤのおすすめ観光スポット20選とその魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Chihiro Igarashi「【タイ】世界遺産アユタヤ おすすめ遺跡」

こんにちは! Compathy MagazineのMeiです。ご飯も美味しく見どころがいっぱいある魅惑の国、タイ。タイの首都、バンコクからも日帰りの距離でいける古都アユタヤは名所がたくさんあります。おすすめの観光スポットから象乗り体験、タイでの交通手段などをご紹介します!

アユタヤのおすすめ観光スポット20選

タイの首都、バンコクからも日帰りの距離でいける古都アユタヤ。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた地域で、14世紀から400年以上に渡って繁栄しました。17世紀はじめには、国際貿易都市として発展をとげ、近代国家の基礎がつくられました。
当時の繁栄を現在も遺跡を通して垣間見ることができます。そんなアユタヤには遺跡や名所がたくさんあるんです。たくさんある名所の中から、おすすめのアユタヤ観光スポット20選をお伝えします。

1. 日本人町跡

Photo credit: Inoue Takuto via flickr cc

親日国でもあるタイは、昔から日本と良好な関係が続いています。16世紀はじめ、御朱印船貿易に携わった人が築いた村で、最盛期には2,000~3,000人ほどの日本人が住んでいました。町長であった山田長政は、22代ソンタム王から官位を与えられるほどの大活躍でした。当時のアユタヤでは、多くの日本人義勇兵がアユタヤの傭兵として活躍していました。
日本の鎖国によって18世紀はじめに日本人町は消滅しましたが、現在も日タイ修交120周年の記念館が設立されており、山田長政の足跡と日本人町についての歴史がみれるようになっています。

日本人町跡(หมู่บ้านญี่ปุ่น)
住所:Kamang, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000
営業時間:8:00~17:00
ライトアップ:なし
定休日:無休
アクセス:鉄道アユタヤ(Ayutthaya)駅から2km/トゥクトゥクで10分/アユタヤ(Ayutthaya)バスターミナルから徒歩で5分
料金:50バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=580

 

2. ワット・チャイワッタナラーム

Photo credit: Andrea Schaffer via flickr cc

アユタヤ観光では外せないスポット、 ワット・チャイワッタナラーム。アユタヤで1、2を争う観光地です。クメール様式の大仏塔を中心に、小さなプラーンが複数配置されています。1600年代に、プラサトン王によりチャオプラヤ川のほとりに建立された寺院は圧巻の見ごたえです。
夜にはライトアップもされ、幻想的で美しい寺院の昼間とは違った美しさが楽しめます。

ワット・チャイワッタナラーム(วัดไชยวัฒนาราม)
住所:Tambon Baanpom, Amphur Pra Nakorn Sri Ayutthaya, Ayutthaya
営業時間:8:00~18:00
ライトアップ:19:00~21:00
定休日:無休
アクセス:市内からトゥクトゥクで約20分
所要時間:約1時間
料金:50バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=39

 

3. ワット・プラ・マハタート

Photo credit: Yukari Mihara「微笑みの国、タイ王国〜にこにこパワースポット巡り!〜」

14世紀後半に建立されたワット・マハタート。建立者については謎が多く、1369年~70年の2代ラーメスアン王が建てたという説と、1370~88年の3代ボロムラーチャー1世が建てたという2つの説があります。ワットは寺院で、マハタートはお釈迦様の遺骨や遺灰の意味です。
樹木の根の中に仏像の頭が組み込まれている姿は、歴史の資料集や写真で見覚えのある方も多いのではないでしょうか。ビルマ軍の侵略により破壊された遺跡は、頭のない仏像や崩れ落ちたレンガなど廃墟のようになっています。写真を撮る際は、仏像の頭より高くならないようにしゃがんで写真を取りましょう。

ワット・プラ・マハタート(วัดมหาธาตุ)
住所:Chikun Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間:8:00~18:00
ライトアップ:19:00~21:00
定休日:無休
アクセス:観光案内所(TAT)から徒歩15分
所要時間:約1時間
料金:50バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=570

 

4. ワット・ナー・プラメーン

Photo credit: woot via flickr cc

アユタヤ最大規模を誇る高さ5mの仏像が、当時の姿のまま残されています。ゴールドにきらめく仏像は圧倒的な存在感を放っています。
ワット・ナー・プラメーンとは国王の葬儀場前の寺の意味で、ラーマティボディー2世の時代の1503年に建設されました。奇跡的にビルマ軍の破壊からも逃れた13世紀の貴重な寺院です。

ワット・ナー・プラメーン(วัดหน้าพระเมรุ)
住所:Lumphli Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間:8:00~18:00
定休日:無休
アクセス:観光案内所(TAT)から徒歩15分
所要時間:約30分
料金:20バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=578

 

5. ワットヤイチャイモンコン

Photo credit: Emi Hatakeyama「Bangkok 仏教と美味しいごはんとほほえみの国 」

高さ72mの仏塔が目を引くワットヤイチャイモンコンは、1357年アユタヤを建都した初代ウートン王によって建てられました。仏塔の周りには石像がずらりと取り巻いています。
アユタヤ駅の北東にあり中心部からは少し離れていますが、外せない観光スポットの1つです。涅槃像は野外にあり、微笑んでいる表情は神秘的で美しいです。

ワットヤイチャイモンコン(วัดใหญ่ชัยมงคล)
住所:Khlong Suan Phlu Phra Nakhon Si Ayutthaya Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya
営業時間:8:00~17:00
ライトアップ:あり
定休日:無休
アクセス:アユタヤ駅からバスで30分
所要時間:30分
料金:20バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=579

 

6. ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

Photo credit: LuceSoleil (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

1603年にラーマティボディ2世により建設された、高さ17メートルのタイ最大の仏像を見ることができます。1951年に仏像に修理が行われた際には、仏像の体内から何百体もの小さな仏像が発見されました。アユタヤの中心地では最も参観者が多い寺院です。

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット(วิหารพระมงคลบพิตร)
住所:Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000
営業時間:8:30〜16:30/土日17:00まで
定休日:無休
アクセス:タイ国政府観光庁 Tourism Authority of Thailand (TAT)から徒歩10分
所要時間:1時間
料金:無料
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=572

 

7. ワット・プラ・シー・サンペット

Photo credit: Tsuyoshi Fujikawa「タイ」

トライローカナート王時代の1448年に建立され、アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院です。宮中儀式が執り行われてきた寺院で、東西に並ぶ3基の仏塔にはトライローカナート王(1448~1488年)とその王子らの遺骨が納められていたと伝えられています。ビルマ軍によって破壊されましたが、戦後になって修復され、現在の姿になっています。アユタヤ遺跡群の中心部にあるので、他の遺跡と一緒に見ることができます。

ワット・プラ・シー・サンペット(วัดพระศรีสรรเพชญ์)
住所:Amphur Muang, Ayutthaya 13000
営業時間:7:00~18:00
ライトアップ:19:00~21:00
定休日:無休
アクセス:市内からトゥクトゥクで数分
所要時間:30分
料金:50バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=46

 

8. ワット・ロカヤ・スター

Photo credit: Gangtian Sudian「フィリピン(マニラ)、ベトナム(ホーチミン、ミト)、タイ(バンコク、アユタヤ)、シンガポール、マレーシア(ジョホールバル、マラッカ)、香港。2週間の旅。」

ワット・ロカヤ・スターでは高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏を見ることができます。80歳で入滅した仏陀を表しており、現在の姿は1956年に復元されたものです。アユタヤの西方、クン・ペーン・ハウスの北側に、優しく静かな笑みを浮かべて横たわっています。建設当時は寺院などもありましたが、ビルマ軍の破壊によって現在は寝釈迦仏のみが残っています。

ワット・ロカヤ・スター(วัดโลกยสุธาราม)
住所:Pratuchai Phra Nakhon Si Ayutthaya
ライトアップ:なし
定休日:無休
アクセス:観光案内所(TAT)から徒歩10分
所要時間:20分
料金:無料
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=569

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP