体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アユタヤのおすすめ観光スポット20選とその魅力

アユタヤのおすすめ観光スポット20選とその魅力
Photo credit: Chihiro Igarashi「【タイ】世界遺産アユタヤ おすすめ遺跡」

Photo credit: Chihiro Igarashi「【タイ】世界遺産アユタヤ おすすめ遺跡」

こんにちは! Compathy MagazineのMeiです。ご飯も美味しく見どころがいっぱいある魅惑の国、タイ。タイの首都、バンコクからも日帰りの距離でいける古都アユタヤは名所がたくさんあります。おすすめの観光スポットから象乗り体験、タイでの交通手段などをご紹介します!

アユタヤのおすすめ観光スポット20選

タイの首都、バンコクからも日帰りの距離でいける古都アユタヤ。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた地域で、14世紀から400年以上に渡って繁栄しました。17世紀はじめには、国際貿易都市として発展をとげ、近代国家の基礎がつくられました。
当時の繁栄を現在も遺跡を通して垣間見ることができます。そんなアユタヤには遺跡や名所がたくさんあるんです。たくさんある名所の中から、おすすめのアユタヤ観光スポット20選をお伝えします。

1. 日本人町跡

Photo credit: Inoue Takuto via flickr cc

Photo credit: Inoue Takuto via flickr cc

親日国でもあるタイは、昔から日本と良好な関係が続いています。16世紀はじめ、御朱印船貿易に携わった人が築いた村で、最盛期には2,000~3,000人ほどの日本人が住んでいました。町長であった山田長政は、22代ソンタム王から官位を与えられるほどの大活躍でした。当時のアユタヤでは、多くの日本人義勇兵がアユタヤの傭兵として活躍していました。
日本の鎖国によって18世紀はじめに日本人町は消滅しましたが、現在も日タイ修交120周年の記念館が設立されており、山田長政の足跡と日本人町についての歴史がみれるようになっています。

日本人町跡(หมู่บ้านญี่ปุ่น)
住所:Kamang, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000
営業時間:8:00~17:00
ライトアップ:なし
定休日:無休
アクセス:鉄道アユタヤ(Ayutthaya)駅から2km/トゥクトゥクで10分/アユタヤ(Ayutthaya)バスターミナルから徒歩で5分
料金:50バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=580

 

2. ワット・チャイワッタナラーム

Photo credit: Andrea Schaffer via flickr cc

Photo credit: Andrea Schaffer via flickr cc

アユタヤ観光では外せないスポット、 ワット・チャイワッタナラーム。アユタヤで1、2を争う観光地です。クメール様式の大仏塔を中心に、小さなプラーンが複数配置されています。1600年代に、プラサトン王によりチャオプラヤ川のほとりに建立された寺院は圧巻の見ごたえです。
夜にはライトアップもされ、幻想的で美しい寺院の昼間とは違った美しさが楽しめます。

ワット・チャイワッタナラーム(วัดไชยวัฒนาราม)
住所:Tambon Baanpom, Amphur Pra Nakorn Sri Ayutthaya, Ayutthaya
営業時間:8:00~18:00
ライトアップ:19:00~21:00
定休日:無休
アクセス:市内からトゥクトゥクで約20分
所要時間:約1時間
料金:50バーツ
ホームページ:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=39

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会