ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ、武道館史上初の360度スクリーンで2時間半ノンストップライブ敢行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

名古屋発アイドル6人組・チームしゃちほこが、路上デビュー5年目に5公演で5万人を動員する大箱ライブ計画「VICTORY YEAR ROAD to 笠寺」の第2弾として日本武道館公演「しゃちサマ2016 真夏のPOWER BALL」を、8月31日に開催した。

チームしゃちほこが日本武道館で単独ライブを行うのはこれで2回目。前回の「しゃちサマ2014〜神々の祭り〜」の時と違い今回は360度のセンターステージでの公演だ。センターステージの周りを囲うように、どの席からも見渡せる360度スクリーンが設置され、開演前からいろんな映像でファンを楽しませる。この360度スクリーンは武道館史上初の試み。

そして18:30。いつもの出囃子がかかると、花道を通って5人はステージに登場。大きな声援を持って迎えられると、1曲目は公演のタイトルにもなっている、8月にリリースされたばかりの新曲「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」。

火が立ち上り、会場全体がヘドバン、そして「オイ!オイ!」というコールが飛び、まるでロックのライブ会場に来たかのような激しさで1曲目を終えると、ステージにはチームしゃちほこのライブでおなじみ、竹内力がスクリーンに現れた。毎回神様やラジオDJなどに扮する竹内力は、今回「釈迦内力」というキャラクターで登場し、「VICTORY YEAR」の2会場目3公演目であることを告げる。

2曲目は初披露となる「Shanga Lang」。そのまま「ケモノノハナミチ」を経て「じりじり夏活委員会」ではしまじろうがステージに颯爽と現れ、去年の「しゃちサマ2015」以来となる共演を果たす。

ステージに椅子がセットされ、今度はチームしゃちほこと同じレーベルメイトである「アカシック」のギターで「ベイビーミソカツ」を作曲した奥脇達也がこの日2人目のゲストとして登場、アコースティックで「ベイビーミソカツ」を披露した。咲良菜緒のソロ曲として知られるこの曲だが、この日はメンバー5人でしっとりと歌いあげた。続いて名古屋のラジオ局「CBC」にてラジオ番組のレギュラーを持つ大黒柚姫と坂本遥奈による初披露ユニット「RADIO CBC」を含む、ユニット曲やソロ曲を続けて披露。

MCがないまま再びスクリーンには「釈迦内力」が登場、「大地での試練」としてファンにもっと大きな声援を出すように促すと、観客のボルテージが上がる中、3人目となるゲスト、ZEN-LA-ROCKが5人に加わり、2014年リリースの1stアルバム「ひまつぶし」に収録された「SPACEひつまぶし supported by ZEN-LA-ROCK」を初パフォーマンス、アルバム発売から2年越しで初披露された。

この後「Wow Oh! Oh!」で「もっと声出るんじゃないんですか?!」と咲良が煽ると、「OEOEO」「天才バカボン」「ザ・スターダストボウリング」「そこそこプレミアム」とアップテンポなアゲ曲をこれでもか、と続けざまに披露。「武道館、ぶっ壊しちまおうぜ!」とだんだんロックスターのように口調も荒ぶる咲良に反応するかのように、客席の熱もぐんぐん上昇。「乙女受験戦争」では火花が立ち上り、普段おっとりとした秋本も「たまねぎがなんだ!全部食べてやる!」とテンションが上がっていく中、本編ラストにこの日2回目となる「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」で大円団。5人がファンを煽り、それにファンも声を振り絞り、ヘドバンで応える。秋本の「行くぞー!」の声に合わせて爆発音と共に紙テープが会場を包みこむ。

5人は一度ステージをはけると、アンコールが鳴り響く中5人が再びステージに。

そこで初披露となる「パレードは夜空を翔ける」を歌う。VICTORY YEARがこの後横浜アリーナ、目標であるガイシホール、そしてその先へと続いていく「パレード」に見立てて誇らしく歌い上げ、2時間以上が経過したこのタイミングで初めて5人はMCを。ずっと喋りたかったという5人は「ようやくしゃべります!ありがとう!!ありがとうってずっと言いたかったんだ!!」と笑顔をこぼす。

大黒柚姫「今日はしゃちほこのこれからが決まる、大事なライブだったんです。不安だったけど台風も去って、平日にも関わらずこんなたくさんの人が来てくれて、ありがとうございます。みんなのために、これからもっと輝いていけるように」と思いました。」

伊藤千由李「あの武道館!こうして立てるってすごいなぁ。しゃちのライブは『楽しい!エンジョイ!』ってライブ。これをこれからも味わっていただきたいです。次の横アリも絶対楽しいライブにするから、期待しててくださいね!」

坂本遥奈「ノンストップだったけど、どうでしたか?!2年ぶり、2回目の武道館にこれてよかったです!今日、実はハルはJK最後の夏休みだったんです!いい思い出が作れました!」

咲良菜緒「最近知ったんだけど、月末ってお仕事忙しいんだってね!決算とかなんでしょ?!そんな中、来てくれてありがとう!ペンライトのプラネタリウムが見られて今日は満足です!」

秋本帆華「ここまでこれたのは、ファン、そしてスタッフの皆さんの支えがあったから。だから2回目の武道館公演ができました。リハで、改めて私たちって負けず嫌いなんだなって思いました。絶対に負けたくない、そういう気持ちで今日、挑みました。まだまだ恩返ししたいので、もっともっと進んでいきたい!」

咲良は秋本のMCを受けて「私、『一番楽しいライブ栄誉賞』が欲しい!」と話し、「これからももっとずっと、楽しいライブをするからね!」と宣言。そしてHOME MADE 家族のMICRO作詞作曲の「ワタシノユウキ」でファンに対して感謝を述べると、アンコール最後に「JOINT」を披露、ファンと一緒にジェット風船を飛ばしてフィナーレを飾った。

と、ここで終わるはずだったが、メンバーから「今日は本当に私たちにとって大事なライブなんです。だからファンの皆にも、そしてスタッフさんにも内緒で、これからサプライズでもう1曲歌います。本当はさっきので最後だったんだけど、、、大人の力を使わないで、私たちの力で伝えたかったことがある。スタッフさん、ごめんね!」と咲良が話すと、アカペラで「colors」を熱唱。

音響スタッフもこれに追いつきサウンドも乗った「colors」を歌うと、会場からは割れんばかりの拍手・声援が送られ、5人は肩を抱きあった。

無事メンバー以外全員がサプライズとなった内緒のアンコールが終わると、スタッフさんに向けて「本当ごめんなさい!」としながら、「なんとかできるもんだね!大箱でこんな自由なことやるの、私たちくらいじゃない?!」といたずらっぽくおどけてみせた。

「ちょー好き!大好き!」とファンに感謝を述べると、最後は「パレードは夜空を翔ける」でも披露されたチームしゃちほこのフラッグを秋本が掲げ、2回目の武道館のステージが終わると共に、新たに横浜アリーナへと続くロードを行進した。

予定調和では終わらないチームしゃちほこはこの後11月13日に” VICTORY YEAR ROAD to 笠寺”の第3弾、横浜アリーナ公演を行い、いよいよ来年3月21日には笠寺駅にある愛知・日本ガイシホール公演を控えている。また、9月からは「LIVE HOUSE TOUR 2016 〜紅葉しに行こうYO!行脚だぎゃぁ〜」もスタートする。

「パレードは夜空を翔ける」オフィシャルビデオ

日本武道館 公演「しゃちサマ2016 真夏のPOWER BALL」セットリスト
1. ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
2. Shanga Lang
3. ケモノノハナミチ
4. じりじり夏活委員会 feat. しまじろう
5. 抱きしめてアンセム
6. ベイビーミソカツ(アコースティックver.)ゲスト:奥脇達也(アカシック)
7. 泣いてなんかいないよ(伊藤千由李ソロ)
8. RADIO CBC
9. 翼を授けてグローリア
10. 明け星
11. 小さな夜のうた(坂本遥奈ソロ)
12. 眠れないナイNIGHT!
13. SPACEひつまぶし supported by ZEN-LA-ROCK
14. 首都移転計画
15. J.A.N.A.I.C.A.
16. Wow Oh! Oh!
17. OEOEO
18. 天才バカボン
19. ザ・スターダストボウリング
20. そこそこプレミアム
21. エンジョイ人生
22. 乙女受験戦争
23. ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
アンコール
24. パレードは夜空を翔ける
25. ワタシノユウキ
26. JOINT
27. colors

チームしゃちほこ “VICTORY YEAR ROAD to笠寺”特設サイト
https://team-syachihoko.jp/roadtokasadera/

関連リンク

チームしゃちほこ オフィシャルサイトhttp://team-syachihoko.jp/
チームしゃちほこ Twitterhttps://twitter.com/syachi_staff

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP