ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FlowBack、スマホ機能を駆使した歩かなくても観られる“歩きスマホMV”公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダンス&ボーカルグループ・FlowBackのメジャーデビューシングル「Come A Long Way」のリリースを記念して、様々な仕掛けを盛り込んだミュージックビデオが制作された。

“デビューに至るまで歩んできた約3年間の道のりと、これから始まる新たなシーンへの歩みをデビュー曲「Come A Long Way」を通じて体験してもらおう!”というアイデアから生まれたミュージックビデオは、スマホのパノラマ動画機能と振動感知機能を駆使して作られた、最先端の“超・没入型ミュージックビデオ”。目の前でスマホを落とした女性を、実際に歩きながら追いかけていく中で、失恋を追体験できるという縦型パノラマミュージックビデオとなる。

監督を務めたのはアイドルグループlyrical schoolの「RUN and RUN」で斬新なスマホジャックビデオを作ったことで記憶に新しい新進気鋭の監督・隈本遼平氏。テクニカルパートはFACTのインタラクティブMV「the way down」やTOYOTA「Sense of Wonder」のサイト等を手がけ、今最も注目されるテクニカルチームの一つである「homunculus.inc」が担当。次々とスマホならではの演出表現を世に生み出し続けている隈本監督とホムンクルスが初のタッグを組み、スマホならではの最先端な映像表現に挑戦した。

「縦型の映像をパノラマ視点にすることで、視聴体験に自由度を持たせました。そうすると、スマホのスクリーンが持つプライベート感が表現でき、より映像の世界観にダイジェスティブに没入できるのではないかと考えました。」と隈本監督は演出の狙いをこう語っている。数百テイクの検証を重ねた末に、本ビデオは完成した。

歩きスマホしながら視聴することによって、より体験が深まるこのミュージックビデオ。もちろん特設サイトでは、安全に十分に注意し視聴して頂くことを強調し、歩かなくても観れるYouTubeバージョンのMVも同時公開中。また、メンバーからも注意喚起のコメント映像を発信している。世界観に没入してしまうので、周りに十分にスペースがある環境で視聴することを規約としている。

歩かなくても観れる“歩きスマホMV”FlowBack「Come A Long Way」特設サイト
http://comealongway.jp

FlowBack 「Come A Long Way」歩きスマホMV(歩かなくても観れるVer)

リリース情報
シングル「Come A Long Way」
2016年9月7日発売

初回生産限定盤(CD+DVD)KSCL-2766〜2767 1,481円+税

通常盤(CDのみ)KSCL-2768 1,018円+税

関連リンク

FlowBack オフィシャルサイトhttp://www.flowback05.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP