ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップル、iPhone対応のVRデバイスの特許を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップルは、iPhoneを装着して使用するVRデバイスの特許を取得しました。アメリカの特許申請のウェブサイトから明らかになったものです。同特許は2015年9月22日に申請され、2016年8月30日に取得されています。

公開された申請資料(英語)によると、VRヘッドセットはアップル製のスマートフォンと”連結する”タイプとのこと。LightningコネクタによりiPhoneと連結します。ヘッドホンを内蔵し、形状は眼鏡に近いものが描かれています。

スマートフォンとヘッドセットがコネクタで繋がることから、このヘッドセットの性能はGear VR相当のクオリティとなるVRを体験できるのではないかと期待できます。特許でも、アップルはコネクタ部分を最も特徴としていることが分かります。

Google Cardboardなどのいわゆる「スマホVR」デバイスは、幅広いスマートフォンでVRが体験できます。しかし、コネクタがなく、ヘッドセットとスマートフォンの連携がありません。一方、Gear VRは、サムスンのGalaxyのスマートフォン専用となっており、コネクタがあります。ヘッドセット側の追加センサーなどVR体験のためのさまざまな補強が行われて高品質なVR体験が実現しています。

これまでもアップルは、VR/AR関連の特許を取得。社内にチームが存在し、人材も集めていることが分かっています。しかし、製品の発表などは行われておらず、今回の特許が製品に結びつくものなのか、社内の研究開発のためのものなのかは不明です。

(参考)
Apple Patented An iPhone Compatible Wireless VR Headset
http://uploadvr.com/apple-recieves-patent-vr-headset/

※Mogura VRはUpload VRのパートナーメディアです

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP