ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

閉店から2年 長崎「伝説のからあげ」復活で味は期待以上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 九州・長崎に「からあげ」のイメージは定着していないかもしれない。しかし、この地には長くソウルフードとして愛されていた「伝説のからあげ」があった。

 長崎市内の風情溢れる石畳の飲み屋街・銅座町にかつてその店はあった。暖簾をくぐると、コの字の大きなカウンターと小上がりに小さなテーブルが二つ。カウンターの中の調理場ではひたすら鳥が揚げられる。

 からあげは九州らしく甘みのある味付けで、様々な部位の入った小振りな骨付きのぶつ切りだ。衣はカラッとクリスピーで、鳥肉もしっとりとジューシー。筆者は初めて食した時、その完璧な火の通し方に驚いた。

 メニューにはその他に骨付きもも肉を調理した「もも焼き」や「むね焼き」、「すなずり串」などもあるが、ほとんどの客はビールをグビグビ飲みつつ一皿二皿とひたすら揚げたてのからあげを平らげていく。

 ちゃんぽんや皿うどんのように観光客に求められるわけでもなく、親子三代にわたって地元の呑んべえ諸兄に熱く支持され続けていたこの店が、2年前に突然幕を閉じた。当然、長崎の街では大ニュースとなり、閉店日が近くなると毎日大行列ができたほどだという。その「伝説のからあげ」が、昨年8月また我々の目の前に現れた。

 かつての店と軒を連ねる一口餃子の名店「宝雲亭」の女将が一肌脱いだ。当時の店で鳥を揚げていた職人を招き、新店「とり福」として復活させたのだ。

 この度、満を持して訪ねてみた。果たして味は期待以上だった。まさにあの伝説の味。記憶は美化されるものだとしたら、これはかつての味を超えているのかもしれない。

 国産ハーブ鳥を使用。味付けは企業秘密だが、「骨付きゆえに骨から水分が抜けるまで時間を掛けて揚げている」という秘訣は教えてくれた。「とり福」では「宝雲亭」の餃子も注文できる。まさに全方位的な魅力を持った店となったわけだ。かつてのファンの中には、あのからあげが「とり福」で食べられると知る人はそう多くはないらしい。もったいない。すぐ行くべし。

 思えばからあげほど日本人に愛されている食べ物はないのではないか。北海道ではザンギと呼ばれるし、全国各地で様々に愛されている。筆者にも特別に思い入れのあるからあげがいくつかある。もちろん長崎のこの味。そして千葉県柏市の焼き鳥屋「太平楽」のからあげ。大き目にカットされているが、胸肉ですらふっくら柔らかい。ジャンクな味わいのパウダー状の調味料が一緒に供され、それもまた良い。

 東京・自由が丘の「とよ田」はからあげの概念が変わる名店である。砂肝、もも、手羽の3種類のからあげを順番に出してもらうのだが、じっくり素揚げにされるため時間が掛かる。その間にビールがすすんでしまい、美味しいからあげを前に酩酊してしまうこともしばしば。これらを個人的に「日本三大からあげ」と呼称しているが、「とり福」の登場によりバラバラだったパズルのピースがまたパチリと組み合わさったわけだ。

 夏の暑さを乗り切るならからあげだ。ご飯のおかずに良し、ビールのアテに良し。これほど日本の夏に魅力を放つ食べ物はないだろう。

撮影■松隈直樹 取材/文■梶原由景

※週刊ポスト2016年9月9日号

【関連記事】
元準ミス日本が長崎の皿うどん味「ソースドロップス」を紹介
「妖怪ウォッチ」ダイヤニャンのからあげキャラ弁レシピを公開
さだまさしが愛する 長崎中華街が誇る大満足特上ちゃんぽん

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP