ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「秋の七草」の代表「葛」で今から冷え予防をスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

だんだん秋が近づいてきましたが、皆さんは「秋の七草」を知っていますか? 「春の七草」は七草粥などで知っているという方も、秋の七草は意外に知らないということも多いのではないでしょうか。秋の七草は、萩(ハギ)、薄(ススキ)、桔梗(キキョウ)、撫子(ナデシコ)、藤袴(フジバカマ)、女郎花(オミナエシ)、葛(クズ)の7つ。どれも秋らしい風情が美しくて観賞用と思われがちですが、実は女性に嬉しい効能がいっぱいの植物も多いのです。

薬効のある「秋の七草」はどれ?

秋の七草のすべてに薬効があるわけではありませんが、例えば萩はマメ科の植物でイソフラボンが豊富。女性のめまいやのぼせに薬効があると言われています。桔梗を煎じたものは漢方でも使われ、咳を鎮める働きがあり気管支炎などの症状にも効果的です。藤袴や女郎花はむくみによく効き、生理不順などにも効果があるようです。秋の七草の中でも、私たちがすぐに利用できるのは葛です。葛も萩と同じマメ科の植物でイソフラボンが豊富。葛の根を乾燥させたものが葛根湯という薬です。葛はそのほかにも葛湯や葛切り、葛餅などに使われる私たちに馴染みの深い植物なのです。

実は凄かった「葛」の効能!

葛は、葛粉などとしてスーパーなどでも簡単に手に入りますが、実はとても薬効の高い食品だったのです。葛に含まれる薬効成分は、6種類ものフラボノイドや10種類以上のサポニン。フラボノイドにはホルモンの分泌に関与し神経を安定させる働きが、サポニンには肝機能を向上したり脂質の代謝を正常化する働きがあります。その他にも老廃物を排出するデトックス効果や、血行を促進し体を温める効果などがあります。葛の根を乾燥させた葛根は漢方薬に配合されている薬ですが、葛根湯は風邪の症状を緩和する効能が知られています。

「葛粉」なら簡単に葛の効果を実感できて便利!

葛の根から繊維質を取り除いて、デンプンだけを取り出して乾燥させたものが葛粉です。もちろん葛のさまざまな薬効は健在。葛はデトックス効果が高いので、毎日、葛を食べることで体内の老廃物を排出する効果があります。また、葛には血行を促進し体を温める効果もあります。冷え性が気になる方は、葛湯を飲んでみてはいかがでしょうか。大さじ2杯ほどの葛粉にカップ1杯のお湯を注ぐだけで簡単。同じように体を温める効果のある生姜を加えてもいいですね。葛粉はコーンスターチなどを混ぜて販売されていることも多いのですが、できるだけ葛の割合が高いものを選びましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP