体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

詐欺罪?それとも窃盗罪?

詐欺罪?それとも窃盗罪?

Q.

 Xは購入客を装って、宝石店で、店員にダイヤをショーケースから取り出し見せてくれるように頼みました。店員がダイヤを取り出したところで、「芸能人の◯◯だ!」と言い放ち、店外を指さしました。
 気を取られた店員は店舗の外に目をやったところ、Xはダイヤをかすめ取りました。

 成立する罪は次のどちら?

(1)窃盗罪
(2)詐欺罪

A.

正解(1)窃盗罪

 正解は窃盗罪(刑法235条)です。騙しているから詐欺罪、と思われるかもしれませんが、詐欺罪では、騙す行為から相手方が錯誤に陥って、その結果、財物を交付するという一連の流れが必要になります。

 設例では、騙しているものの、それは目をそらすための行為であって、相手方を錯誤に落とし入れて財物を交付させようとしているわけではありません。
 したがって、単純に財物を盗ったと評価できるため窃盗罪となります。

元記事

詐欺罪?それとも窃盗罪?

関連情報

こういった場合、詐欺罪に該当するでしょうか?(なっとく法律相談)
スマホでいきなり「契約有難うございます」と表示され、困っています。(なっとく法律相談)
Twitter上の取引で被害届を出されました。どのように対応すれば?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。