ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋メイクでモテるには?これぞSATOE流!秋メイクの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛されメイクのプロSATOEがイチ押し!秋のモテメイク

8月も後半に入ると、次は一気に秋モードですね♪
秋になると夏とはまた違った雰囲気のメイクが流行します!
いろんなメイクが流行しますが、今回は私SATOEが提案する秋メイクをご紹介します!

 

SATOE流・秋メイク4つのポイント

【ポイント①髪と眉毛はダークトーンに】
髪色は引き続きダークトーン、黒髪が主流になると思います。
そのため、髪のトーンに合わせて眉色も濃くなります。
しかし描き込みすぎたり、ただ塗りつぶすだけの眉はNGです!
綺麗に眉の毛流れを生かしてください(毛のない方は毛を1本1本描く)。
【ポイント②アイメイクは抜け感を出す】
眉とのバランスを取るために、アイメイクは少しパワーをおさえます。
例えば、秋はパープルやグレーなど、ダークなアイシャドウが流行る傾向にあります。
そのため、アイラインをやめてみたり、まつ毛をワザと目立たせなかったり・・・
いわゆる「抜け感」が大事です!!
また、少し大人っぽくモードなメイクが流行る傾向にありますので、ワザと涙袋は強調せず、ダークなアイシャドウを目の下にも入れます。
やりすぎてパンダメイクにならないように注意です。
【ポイント③リップはマットな質感を】
リップは、あえて無機質な感じでピンクベージュのマットな質感を・・・
夏はジューシーで鮮やかなリップが主流なので、ガラリとイメチェンになること間違いなし!
マットな質感といっても、ガサガサな唇にならないように注意してください。
マットなリップをお持ちでない方は、お持ちのリップを「塗ってからティッシュでおさえる→塗る→おさえる」を何回か繰り返してもらうとマットな質感を演出できます♪
【ポイント④チークは控え目】
モードなメイクということで、チークもそんなに目立たせません。
チークがぽんっと目立つだけで一気に可愛い系になってしまい、メイクのコンセプトに統一感がなくなってしまいます。
こめかみ・もみあげ辺りから口角に向かって、ローズやブラウンのチークをシャープに入れます。

 

秋メイクで凛とした女性らしさを出して♪

色っぽさを残しつつ凛とした女性を演出してくれる秋メイク、いかがでしょうか?
この秋は「強い女」の中にふとした抜け感を感じるような女性を目指してみてくださいね♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP