体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自由研究で徹底調査!夏休みに歴史を学ぼう


自由研究は好きな歴史の人物を調べてみよう

自由研究で歴史上の人物について調査を行う場合、まずは当然誰について調べるかを考えなければなりません。それではどのように自分にあった人物を決めればいいのでしょうか?

「こういう人になりたい!」という人を選ぶ

まずは人生の目標としたい人を選ぶという方法があります。憧れの人物がどのようにしてその地位までのぼりつめたのかは誰でも気になりますよね?また、それを自分のこれからの生きる指標として、「あの人みたいになりたいから、これからはこういう生き方をしよう!」とやる気にもつながります。

例えば「出身地や立場にとらわれず自由に生きたい!」と思うのであれば坂本龍馬などがおすすめです。こう思っている人が多いせいか、坂本龍馬がどの世代にも人気の人物で、資料も多くでているので調べやすいでしょう。

自分に似ている人を選ぶ

自分に似ている人を選ぶのもおすすめです。自分に似ている人には自然と感情移入がしやすいので、いろいろと調べながら「きっとこういう風に考えたんだろうな〜」などと、あたかも自分がその人の立場になったかのように理解していけるので、調査していても楽しいうえにすばらしい内容の研究ができるでしょう。

自分に「似ている」と思うポイントは人それぞれ。「境遇が似ている」「考え方に共感できる」というものから、「出身地が一緒だから」「血液型が一緒だから」というものまでなんでもアリです。完璧に同じ人などいるはずがないのですから、自分がその人に親近感が湧いていればそれでいいのです。

好きなマンガなどから選ぶ

最近では歴史モノのマンガやアニメが多くでているので、そんななかから一人選ぶというのもいいでしょう。マンガやアニメであれば文字だらけの書物を調査するより調べやすいですし、絵や声がついていることでその人物がどのような人だったのかを想像しやすいというメリットもあります。

マンガやアニメ以外にも映画やドラマなど、とにかくあなたが見ていて楽しいと思えるものから選んでみましょう。「三国無双」という三国志を舞台としたアクションゲームが大流行した際には、三国志にでてくる人物をテーマにする人がたくさんいました。キッカケはなんでもいいので、あなたが好きなキャラクターについて調査しましょう。

地元出身の人を選ぶ

「自分に似ている人」と少し重なりますが、地元出身の歴史上の人物を選ぶのもひとつの手です。地元出身の人物であれば、近所に歴史的名跡となる場所がたくさんあるでしょうから、そこへ実際にいって写真を撮ってきたり、その人物が辿ったであろう道をその人になった気分で歩いてみるだけでも興味がわきます。

さらに地元出身の歴史的人物であれば、近所に記念館や博物館があることが多いので、調べ物はすべてそこで済ませられるというメリットもあります。また地元出身の有名人となれば、近所の人やおじいちゃんおばあちゃんでも詳しい人が可能性がかなり高いので、そういった人たちに話を聞くのもいいでしょう。

好きな有名人が演じたことのある歴史上の人物

どうしても自分では選べないという人は、自分が好きな有名人がドラマなどで演じたことのある歴史上の人物を調べるというのもおすすめです。

特に俳優さんや女優さんは大河ドラマなどで歴史上の人物を演じることがあるので、大河ドラマを楽しみつつそのキャラクターについて調べましょう。また、歴史上の人物を演じる場合、俳優さん・女優さんはその意気込みなどをインタビューでも答えていることが多いので、それを参考にしながら調査を進めていくと楽しくさまざま知識が入ってくるでしょう。

歴史の調査!どのように進めればいいの?

調べたい人物が決まったら、今度はいよいよ調査です。ただどこから手をつけていいかわからないという人のために、具体的なまとめ方をお教えします。

基本プロフィールと、なぜ有名なのか

まずはその人がどんな人で、なぜ歴史に名を残したのかを簡単にまとめましょう。例えば坂本龍馬であれば「現在の高知県出身で、薩長同盟締結に尽力するなどした、明治維新における最重要人物」となります。

1 2 3次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。