ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“進化系”お味噌汁「みそポタ」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。8月31日のオンエアでは、話題の”進化系”お味噌汁「みそポタ」を紹介しました。

京都の味噌汁ポタージュ専門店「MISO POTA KYOTO」女将の、とこみゆきさんによると…

「『みそポタ』は、お味噌汁をポタージュ状にしたもので、たくさんの人に召し上がってもらおうとの思いで作り始めました」

とのこと。とこさんはお味噌汁が大好きで「毎日立ち寄れるお味噌汁スタンドがあったら」と思っていたそうで、お味噌汁について周りの人にリサーチしてみると「パンや洋食に合わないし、ちょっと地味だからあまり食べていない」という方が多かったそうです。

それなら、洋風にも合う華やかなお味噌汁を作ろうということで生まれたのが「みそポタ」です。

「見た目からしてカラフルで、赤いみそポタや、緑のみそポタなどもあり、野菜を皮ごと使って、とろ味を出しています」

色は野菜が持つ自然な色味によるものなので安心です。例えば、緑は「ほうれん草」、真っ白なものは「豆腐」、さらに、ビーツを主役にした真っ赤な「みそポタ」といった具合です。

岡田はビーツのみそポタを飲んだところ「サツマイモも入っているため、濃厚。それでいて飲みやすかったです。ポタージュスープなのに、お味噌の香りが口いっぱいに広ります」と絶賛していました。

「みそポタ」は8種類がありますが、全国から取り寄せたお味噌を使用しています。発酵食品同士ということでチーズをトッピングしてみたり、豆腐ベースの「みそポタ」に、コーヒーを入れてソイラテ風にしてみたりと、アレンジは無限大です。

海外の方にも「普通のお味噌汁よりも飲みやすい」と好評とのこと。

「みそポタ」のお店は京都ですが、オンラインでも購入できます。心も体も温めて、夏の疲れを癒やしてくれる「みそポタ」。新しいのに、ほっとする味わいを、ぜひ試してみてください。お味噌汁の新たな魅力を発見できるはずです♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP