ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2016 : Garmin、心拍センサーが付いたエントリー向けGPSスポーツウォッチ「Forerunner 35」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Garmin は 8 月 31 日、GPS を内蔵したランナー向けウォッチの新モデル「Forerunner 35」を発表しました。Forerunner 35 はエントリー向けの GPS スポーツウォッチで、昨年発売された「Forerunner 25」の後継モデルになります。新モデルでは、本体の裏側に心拍センサーが搭載され、脈拍から安静時の心拍数と運動時の心拍数を計測することが可能になりました。また、前作から筐体のデザインを刷新したほか、解像度も向上しています。Forerunner 35 では前作と同様に、日常生活における歩数や消費カロリー、睡眠時間などを計測するアクティビティトラッカーとしても機能します。また、ランニング時には GPS ログを記録しながら、走行スピードやラップタイム、移動距離などを記録・表示できます。Forerunner 35 も Garmin Connect のモバイルアプリとも連携できるようになっており、スマートフォンの着信やカレンダーの予定、メールなどの通知を転送することも可能です。Forerunner 35 の価格は $199.99 で、海外では 2016 年 Q3 中に発売されます。カラバリは、ブラック、ライムライト、フロストブルー、ホワイトの 4 色です。Source : Garmin

■関連記事
Samsung、Galaxy Note 7の発火問題の頻発を受けてキャリアへの出荷を一時停止か?
Qualcomm、Snapdragon 821の詳細を公開
IFA 2016 : ASUS、USB Type-Cをサポートした15インチモバイルモニタ「ZenScreen」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP