体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瀬戸内だけじゃない!2016年開催の芸術祭まとめ

旅雑誌で、こぞって瀬戸内国際芸術祭の特集が組まれているのを、書店で目にします。とても注目され、盛り上がりを見せていますが、芸術祭は瀬戸内だけじゃない!

夏休みが終わり、芸術の秋はもうすぐそこ!今年中に開催される芸術祭をチェックして、アートを求めて日本全国を飛び回りましょう。

 

あいちトリエンナーレ2016

11

photo by aichitriennale.jp

今年で3回目の開催となる「あいちトリエンナーレ」。芸術を「未知への旅」と捉え、今年のテーマは「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」。

「あいちトリエンナーレ」では現代美術をメインに扱っていますが、その幅は広く、舞台やライブ演奏、歌、更にオペラまで催されます。完成されたアートだけではなく、目の前で生み出されるアートを堪能してみてはいかがですか。
■詳細情報
・名称:あいちトリエンナーレ2016
・主な会場:愛知芸術文化センター
・住所:名古屋市東区東桜1-13-2
・アクセス:地下鉄東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩2分
・開催時間:開催中~2016年10月23日
・電話番号:052-971-6111
・料金:普通チケット(一般)1800円 フリーパス(一般)3600円
・公式サイトURL:http://aichitriennale.jp/index.html

 

くどやま芸術祭2016

1155

photo by kudoyama-art.com

九度山は真田幸村ゆかりの地として歴史好きに親しまれた町です。更に3つの世界遺産がある観光地としても知られていて、「くどやま芸術祭」では「世界遺産×現代アート」と題し、世界遺産とコラボした様々な作品が展示されます。

毎週末イベントがあり、10月1日に開催される「くどやまアートナイト」では、慈尊院境内でのライブイベントも予定されています。世界遺産・慈尊院のライトアップと、音楽を一度に体感できる、贅沢な夜になること間違いなしです。
■詳細情報
・名称:くどやま芸術祭2016
・会場:和歌山県九度山町の歴史的な街並み、まちなか各所
・アクセス:各線難波駅より南海高野線九度山駅まで1時間
・開催期間:2016年9月3日(土)~10月2日(日)
・電話番号:0736-54-2019
・料金:プログラムによる
・公式サイトURL:http://kudoyama-art.com/entry/

 

みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ2016

1177

photo by biennale.tuad.ac.jp

前回の山形ビエンナーレは「ゆるさ」が好評だったようで、その良さが、メインビジュアルに書かれたテーマ「山は語る」の文字が表わしているように感じられます。じっとこちらを見つめる子供と、絵本作家・ミロコマチコさんの作品の目が印象的です。

公式サイトでは山形の味わい深いカフェとショップも紹介されており、芸術祭と合わせて楽しみたいポイント。「みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ」は2年に1度の開催なので、今年を逃してしまわないように注意です!
■詳細情報
・名称:みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ2016
・主な会場:山形県郷土館「文翔館」
・住所:山形市旅篭町3-4-51
・アクセス:JR山形駅東口より100円バス乗車、旅篭町2丁目下車・徒歩5分
・開催期間:2016年9月3日~9月25日
・電話番号:023-627-2091
・料金:プログラムによる
・公式サイトURL:https://biennale.tuad.ac.jp/

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。