ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

瀬戸内だけじゃない!2016年開催の芸術祭まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅雑誌で、こぞって瀬戸内国際芸術祭の特集が組まれているのを、書店で目にします。とても注目され、盛り上がりを見せていますが、芸術祭は瀬戸内だけじゃない!

夏休みが終わり、芸術の秋はもうすぐそこ!今年中に開催される芸術祭をチェックして、アートを求めて日本全国を飛び回りましょう。

 

あいちトリエンナーレ2016

photo by aichitriennale.jp

今年で3回目の開催となる「あいちトリエンナーレ」。芸術を「未知への旅」と捉え、今年のテーマは「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」。

「あいちトリエンナーレ」では現代美術をメインに扱っていますが、その幅は広く、舞台やライブ演奏、歌、更にオペラまで催されます。完成されたアートだけではなく、目の前で生み出されるアートを堪能してみてはいかがですか。
■詳細情報
・名称:あいちトリエンナーレ2016
・主な会場:愛知芸術文化センター
・住所:名古屋市東区東桜1-13-2
・アクセス:地下鉄東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩2分
・開催時間:開催中~2016年10月23日
・電話番号:052-971-6111
・料金:普通チケット(一般)1800円 フリーパス(一般)3600円
・公式サイトURL:http://aichitriennale.jp/index.html

 

くどやま芸術祭2016

photo by kudoyama-art.com

九度山は真田幸村ゆかりの地として歴史好きに親しまれた町です。更に3つの世界遺産がある観光地としても知られていて、「くどやま芸術祭」では「世界遺産×現代アート」と題し、世界遺産とコラボした様々な作品が展示されます。

毎週末イベントがあり、10月1日に開催される「くどやまアートナイト」では、慈尊院境内でのライブイベントも予定されています。世界遺産・慈尊院のライトアップと、音楽を一度に体感できる、贅沢な夜になること間違いなしです。
■詳細情報
・名称:くどやま芸術祭2016
・会場:和歌山県九度山町の歴史的な街並み、まちなか各所
・アクセス:各線難波駅より南海高野線九度山駅まで1時間
・開催期間:2016年9月3日(土)~10月2日(日)
・電話番号:0736-54-2019
・料金:プログラムによる
・公式サイトURL:http://kudoyama-art.com/entry/

 

みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ2016

photo by biennale.tuad.ac.jp

前回の山形ビエンナーレは「ゆるさ」が好評だったようで、その良さが、メインビジュアルに書かれたテーマ「山は語る」の文字が表わしているように感じられます。じっとこちらを見つめる子供と、絵本作家・ミロコマチコさんの作品の目が印象的です。

公式サイトでは山形の味わい深いカフェとショップも紹介されており、芸術祭と合わせて楽しみたいポイント。「みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ」は2年に1度の開催なので、今年を逃してしまわないように注意です!
■詳細情報
・名称:みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ2016
・主な会場:山形県郷土館「文翔館」
・住所:山形市旅篭町3-4-51
・アクセス:JR山形駅東口より100円バス乗車、旅篭町2丁目下車・徒歩5分
・開催期間:2016年9月3日~9月25日
・電話番号:023-627-2091
・料金:プログラムによる
・公式サイトURL:https://biennale.tuad.ac.jp/

 

BIWAKOビエンナーレ2016

photo by biwakobiennale

今年のテーマは「見果てぬ夢~Eternal Dream」。光を効果的に取り込んだ、幻想的な作品が目を引きます。

舞台は近江八幡旧市街です。町には江戸時代に建てられた民家や工場、酒蔵などが点在しており、町なかを散歩するだけでも、自分がアート作品に足を踏み入れた感覚を味わえるでしょう。
■詳細情報
・名称:BIWAKOビエンナーレ2016
・開催場所:滋賀県近江八幡旧市街(永原町ほか)
・アクセス:JR東海道本線 琵琶湖線 近江八幡駅より近江鉄道バスで約7分
・開催期間:2016年9月17日~11月6日
・定休日:木曜日
・電話番号:0748-26-4398
・料金:一般 2500円
・公式サイトURL:http://energyfield.org/biwakobiennale/

 

茨城県北芸術祭2016

photo by kenpoku-art.jp

テーマの「海か、山か、芸術か?」で表わされるように、茨城県北部には海と山が共にあり、それぞれの自然風景を活かした作品も展示されます。開催地域が6市と広範囲に及ぶため、アートだけではなく、現地に宿泊するという体験も楽しんでもらいたいです。
■詳細情報
・名称:KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭
・開催場所:茨城県北地域6市町(日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町)
・アクセス:水戸駅から各エリアへアクセス可能
・開催期間:2016年9月17日~11月20日
・電話番号:029-301-2727
・料金:作品鑑賞パスポート(一般)2500円
・公式サイトURL:https://kenpoku-art.jp/

 

さいたまトリエンナーレ2016

photo by saitamatriennale.jp

単にアートを鑑賞するだけではなく、自分で作る・参加することを奨励する芸術祭です。数々のワークショップが開催予定で、子供から大人まで広く楽しめます。東京駅から短時間でアクセスすることが可能なので、開催されるイベントにあわせて、何度も足を運んでみてはどうでしょうか。
■詳細情報
・名称:
・開催場所:さいたま市周辺3エリア(与野本町駅~大宮駅周辺、武蔵浦和駅~中浦和駅周辺、岩槻駅周辺)
・アクセス:東京駅からJR高崎線で大宮駅まで約35分
・開催期間:2016年9月24日~12月11日
・電話番号:048-829-1225
・料金:プログラムによる
・公式サイトURL:https://saitamatriennale.jp/

 

岡山芸術交流2016

photo by www.okayamaartsummit.jp

「岡山芸術交流2016」は、世界16カ国から31組ものアーティストが参加する大型の国際芸術祭となっています。他国の文化のなかで育まれた芸術を、数多く鑑賞できる貴重な機会です。

今年が初開催の芸術祭なので、来年以降のイベントとしての成長も注目していきましょう。
■詳細情報
・名称:岡山芸術交流2016
・主な会場:岡山市立オリエント美術館
・住所:岡山市北区天神町9-31
・アクセス:JR岡山駅から徒歩15分
・開催期間:2016年10月9日~11月27日
・定休日:月曜日
・開催時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
・電話番号:086-221-0033
・料金:1800円(一般)
・公式サイトURL:http://www.okayamaartsummit.jp/

 
気になる芸術祭はありましたか?知らない土地を訪れて、文化に触れることで、今年の芸術の秋をより深く味わってみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

「くすぶってるなら旅にいこう」ゆずが歌う、旅への一歩を応援する曲8選
ミュージカル初心者でも楽しめる!NYで見たいブロードウェイ5選
鉄鋼からアートの街へ変化した「ビルバオ」の驚愕建築10選
ポップで可愛いアートが砂漠の真ん中に!映画やMVでよく見るカラフルな丘ってどこ?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP