体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性の「大好き!」満載の三重へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

女性の「大好き!」満載の三重へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選! 三重

深い歴史文化と豊富な自然、それらに根付いた海山の幸に恵まれた「美し国」の三重。

おかげ横丁やおはらい町など歓楽街もあり、風光明媚で楽しさいっぱいの人気エリア。

女子の「素敵!」がいっぱい詰まった数々の場所に足を運んでみよう!

仲の良い友達と三重の女子旅で、一生残る素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

おかげ横丁

おかげ横丁

伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にあり、江戸時代から明治時代の伊勢の様子が再現されている観光スポット。おかげ横丁の名前の由来は伊勢名物「赤福」が創業の地で約300年商いを続けてこられたことに対する感謝の思いと江戸末期から明治初期に流行した「おかげ参り」にちなんでつけられた。

\口コミ ピックアップ/

レトロな雰囲気のお土産店や料理屋さんが沢山あり、伊勢名物が多く揃っています。食べ歩きできるお店も沢山あります。食べ歩きしながらぶらぶらするのが楽しいです♪

式年遷宮が終わっても人気は絶えないようです。新しいお店も行くたびに増えており、何度行っても飽きません。 おかげ横丁

住所/三重県伊勢市宇治中之切町52

TEL/0596-23-8838

「おかげ横丁」の詳細はこちら

おはらい町

おはらい町

内宮前にかかる宇治橋のたもとから、北へ向かう約800mの旧参宮街道沿いの町並みが「おはらい町」。石畳みの道の両側には、古い民家があり、神宮道場(もと神宮司庁)、祭主職舎(もと「慶光院」家)の2つの大きい建物を除けば、妻入、2階建で、外壁面が下見板張りの民家が目立つ。

伊勢市内や参宮街道沿いの民家に妻入が多いのは、神宮社殿が平入なので、同じ平入にするのは恐れ多いと考えて、これを避けたものと地元では伝えられている。若者からお年寄りまで幅広い人気を得ているおかげ横丁もこの一角にある。

\口コミ ピックアップ/

おはらい町の中で一番のお勧めは何と言っても「赤福本店」。赤福を一皿かって一息。何度でも立ち寄りたい。

おかげ横町の中の「赤福」では夏は赤福氷がお勧め。果肉の入ったいちご味、みかん味、メロン味そして抹茶のかき氷はほかでは食べられない一品です。また、冬は赤福ぜんざい。体が温まります。

お昼時は「すし久」。志摩地方の名物の手こね寿司がおいしいです。

つまみにお勧めは、「ひもの屋」。おはらい町のほぼ中央にある乾物屋さんですが、店頭で焼きたての干ものを試食させてくれます。 おはらい町

住所/三重県伊勢市宇治中之切町・宇治今在家町

TEL/0596-28-3705

「おはらい町」の詳細はこちら

神明神社と石神さん

神明神社と石神さん

女性の願い事ならひとつだけ叶えてくれる

相差の閑静な森の中にひっそりたたずむ神明神社は、1888年から天照大神の主宰神として祭られている。参道の途中に地元の人から「石神さん」と親しまれている女神さまの小さな社があり、「女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる」と古くから言い伝えられ、初詣には多くの参拝者で賑わいを見せている。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。