ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一重・奥二重さんの目を魅力的にするメイクアイテムとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一重・奥二重さん必見!プロがおすすめするアイテム

一重・奥二重さんの方々が雑誌に載っているような二重さん用のアイメイクをしても、かえって目が小さく腫れぼったく見えてしまった…涙! なんてことはありませんか?
今回は「一重奥二重さんの魔法のメイクBOOK」や「自分史上最強可愛くなる!一重奥二重さんの激変メイクブック」の著者であるヘアメイクのプロが「なるほど、納得!」な一重奥二重さん向けのおすすめメイクアイテムをご紹介します。

 

一重さん向け!おすすめアイメイクアイテム

●こげ茶のペンシルアイライナー
黒ではなくこげ茶のペンシルアイライナーをセレクトしましょう。
赤みのあるブラウンだと目が腫れぼったく見えてしまいます。
一重さんは太めにアイラインを引いた方が可愛いので、目をつぶった時にも自然な仕上がりのペンシルタイプがおすすめです。
●アイシャドウはパール・ラメ入りではなく、マットなものを
アイシャドウはラメが入っているとそれが原因でまぶたがさらに腫れぼったく見えてしまうので光の反射の影響を受けないマットなものを選んで、まぶた全体をすっきり見せるようにしましょう。
カラーは目をパッチリと見せてくれるブラウンがおすすめですが、赤みのあるものは目が腫れぼったくみえるのでNG。黄味がかったゴールドとブラウンが入っているアイシャドウパレットを選びましょう。
1色よりも2色使用した方が目は大きく見えます。
●マスカラはお湯で落とせるフィルムタイプとウォータープルーフタイプの重ね塗り
一重さんはまつげが短かったりまぶたのせいでまつげのカールが落ちやすいので、根元からしっかりとビューラーした後、まつげのカールをしっかり固定して目の周りにフレームを作り、ぱっちりと大きく見せていきましょう。
でも! カールキープ力の強いウォータープルーフタイプのマスカラをしっかり塗ると確かにカールはキープしてくれるけれどクレンジング時に落としづらく、まつげが抜けてしまう…なんてデメリットも。
まずフィルムタイプを塗り、次にウォータープルーフを塗り重ねた後に、ホットビューラーの熱の力でカールを固定すると、長時間のキープが実現♫でも落としやすい!という理想的なまつげが完成します。

 

奥二重さん向き!おすすめアイメイクアイテム

●ブラウンのリキッドアイライナー
奥二重さんは二重幅が狭く、まつげの根元が見えている場合が多いので、黒で太くアイラインを引いてしまうとせっかくの二重幅が潰れ、目がかえって小さく見えてしまいます。
ですのでペン先が細いブラウンのリキッドアイライナーがおすすめです。
二重幅はそのままに目がぱっちりナチュラルな仕上がりが実現します。
●薄いブラウンのアイシャドウ
アイライナーと同じく、奥二重さんが濃いブラウンのアイシャドウを塗ってしまうと、せっかくの二重幅が潰れ目がきつく、小さく見えてしまうのでNGです。
二重幅をナチュラルに強調してくれるゴールドや薄いブラウンをセレクトしましょう。
●マスカラは根元までしっかり塗れるコームタイプ
奥二重さんは目のキワのまつげの生え際は見えている場合が多いので、まつげの根元までマスカラを塗った方が仕上がりが美しく、目もぱっちりと見えます。
ブラシの先が太いタイプのマスカラだと塗る時にまぶたに液がつきやすかったり、まつげとまつげがくっついたりしてしまいますので、ブラシの先が細く小さいものや、コームタイプのマスカラを選ぶようにしましょう。

今回はアイメイクアイテムのご紹介でしたが、次回はアイメイク法をわかりやすくお伝えします。
お楽しみに!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP