ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『アングリーバード』の続編、ロビオ・エンターテイメントで製作中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『アングリーバード』の続編の製作が、フィンランドのロビオ・エンターテイメントで進行している。同社はモバイルゲーム『アングリーバード』を開発した。

『アングリーバード』は、今年5月に公開して以来、全世界で興行収入3億4700万ドルを記録し、そのうち米国内では1億700万ドルを達成した。同社のCEOであるカティ・レボランタが収益報告書の一部で明らかにした。

レボランタは「ゲームの素晴らしいパフォーマンスと素晴らしい映画により、アングリーバードのブランドは空高く舞い上がりました。世界的なエンターテイメントを作り上げるというミッションの中で、積極的なEBIT(支払金利前税引前利益)とキャッシュフローを構築しました」と述べた。また、「私たちは、複数のエキサイティングなゲーム開発、および新しいIPを含めた開発プロジェクトを進行中です。そして、『アングリーバード』の続編映画の製作にも入っています」と明かした。

ロビオは続編映画の詳細は説明していない。『アングリーバード』は、7月29日(現地時間)に北米と一部のアジア市場でデジタル公開され、iTunesで首位に立った。次いで、DVDとブルーレイが8月16日(現地時間)に発売された。ほかの国や地域でのパッケージ販売は数週間以内に行われ、ヨーロッパの多くの地域では9月となる。

『アングリーバード』は米ソニー・ピクチャーズが配給した。5月20日から22日の公開初週末に北米で3820万ドルの興行収入を記録し、公開3週目の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を抜いて首位に立った。

『アングリーバード』は7300万ドルの予算で製作されたが、映画評価サイトのCinemaScoreでは、25歳以下のコアな観客の評価によりA+にランク付けされた。本作はファーガル・ライリーとクレイ・ケイティスが監督し、レッド(声:ジェイソン・サダイキス)、チャック(ジョシュ・ギャッド)、ボム(ダニー・マクブライド)を除く、飛べないハッピーな鳥たちの住む島が舞台となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP