ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋めしとイタリアンデサートが合体「鉄板小倉トースト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小倉トースト、台湾まぜそば、ひつまぶしなど、名古屋は独特なグルメどころだが、近年それらがさらに進化したメニューが登場している。斬新すぎる“名古屋めし”を紹介しよう。

【鉄板小倉トースト】
 アイスクリームにエスプレッソを注ぐイタリアのデザート、アフォガードをヒントにしたという店の人気メニュー。

 小倉トーストの上にのるアイスクリームに深煎りしたコーヒーベースのシロップをかけると、ジューッという音とともに甘い香りが立ちこめる。口の中に入れたときに感じる熱さと冷たさ、小倉とアイスクリームの甘さとコーヒーの苦み。それぞれのバランスが絶妙な逸品。

「喫茶 神戸館」
名古屋市中区錦1-13-36

【台湾まぜそば鉄板焼き】
 ここ数年は名古屋生まれの台湾ラーメンから派生した台湾まぜそばがブームになっているが、さらに進化したのが焼きそば風にアレンジしたこちらのメニュー。

 味のベースは、四川風の唐辛子味噌、辣醤に和風だしを合わせたピリ辛のタレ。これがミンチに使う赤味噌のコクやうまみと混ざり合い、複雑な味を生む。都内にもある素材屋の各店舗で味わえる。

「素材屋 名駅堀内ビル店」
名古屋市中村区名駅3-25-9 堀内ビル地下1階

【かつまぶし】
 お櫃に入ったごはんの上に、鰻ではなく小ぶりなヒレかつをぎっしり。そこに、さっぱりとした味わいが特徴の醤油ベースの自家製ダレがかかる。

 薬味はひつまぶしの定番、刻み海苔とわさびに塩昆布をプラス。これが肉のうまみをさらに引き立てる。だし汁にも隠し味に昆布茶を使い、ごはんとかつ、タレを見事にまとめ上げる。

「とんかつ たる蔵」
愛知県一宮市丹陽町伝法寺字北海道1710

撮影/岩本朗 取材/永谷正樹

※週刊ポスト2016年9月9日号

【関連記事】
汁なし麺 名古屋の台湾まぜそば東京進出がブレイクの契機に
まぜそばの進化と勢力拡大 調味料にワインを使う斬新な味も
名古屋の常識 じゃんけんのチョキはピーでアメ横は名古屋

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。