ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名探偵コナン他 被災地を駆けた「コミックトレイン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東日本大震災発生から6度目の夏。震災復興支援と地域の活性化を目指して、人気漫画「名探偵コナン」「ダイヤのA」「ONE PIECE」のキャラクターをキハ40系、48系のお座敷列車の車体にラッピングした「マンガでつなGO東北『コミックトレイン』」が東北3県を駆け抜けた。

 7月23日、3両編成の特別列車が7日間限定でJR仙台駅から出発。482人の応募者から抽選で選ばれた40組80人が、東北本線・石巻線経由でJR女川駅に向かった。期間中は磐越東線や釜石線でも運行した。

「復興の状況を、家族と一緒に見たいと思い応募しました」(乗客の主婦)

 コミックトレインを主催したのは、読書環境の整備を通じて被災地支援を行なう「〈大震災〉出版対策本部」とJR東日本仙台、盛岡の両支社。運行に合わせて、女川駅、釜石駅、いわき駅周辺の会場で漫画の複製原画やメッセージ入りのサイン色紙が無料で展示され、被災地に明るい笑い声がこだました。

●撮影/太田真三

※週刊ポスト2016年9月9日号

【関連記事】
名探偵コナン、ワンピース… 人気マンガ電車で東北復興支援
震災から徐々に復興を遂げる町とそこに生きる人々を撮った本
東日本大震災復興宝くじ 発売額は25億円で10億円を被災地へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。