ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の「大好き!」満載の東京観光へ! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

日本の最先端が集まるビックシティ東京!

行きたい所たくさんで、どこに行こうか迷っちゃう人も多いはず!

今回はそんな女子たちに、「ココに行けば東京観光気分が盛り上がる」場所をご紹介しちゃいます!

有名どころを賢く抑えてバッチリ楽しもう!

仲の良い友達との女子旅、東京観光! 一生残る素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)は、日本初のアニメーション美術館として、徳間書店スタジオジブリ事業部(当時)と三鷹市の美術館構想の一致によって平成13(2001)年にオープンした。企画原案は世界的なアニメーション監督である宮崎駿氏。建物自体が1本の映画のようでありたいと考えられており、館内は重層的で迷路のような建物になっている。

外観は曲線で構成され、外壁は赤や黄などカラフルな土塀の個性的な建物ながら、時間の経過とともに井の頭公園の松林となじんできた。「迷子になろうよ、いっしょに。」のキャッチコピーのとおり、来館者は館内を好きな順番で迷子になりながら見学できるようになっている。展示内容は「映画の生まれる場所」と呼ばれるアニメーションスタジオ風の展示室や、子どもたちが乗れる「ネコバス」まで多岐にわたる。見るだけでなく、体験する展示であることが、子どものみならず大人の来館者の心もつかんでいる。

映像展示室「土星座」では美術館のオリジナル短編映画を上映しており、作品は時期により入れ替わる。外国人の入場者も多く、ジブリ人気の高さをうかがわせる。展示室のほかにも、入口天井に描かれた美しいフレスコ画やジブリ作品が描かれたステンドグラス、意外なところに出られる通路など、施設全体に発見がちりばめられている。まさに大人も子どもも迷子になるのが楽しい美術館である。

\口コミ ピックアップ/

ファンにはたまらない!ジブリが好きには絶対おすすめ。

大人はねこバスに乗れないのは残念ですがトトロのコマ送りミニチュアが可愛かったです。

館内の展示も小物とかも可愛くかったです。

また行きたい。 三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

住所/東京都三鷹市下連雀1-1-83

TEL/0570-055-777

「三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)」の詳細はこちら

井の頭恩賜公園

徳川家康は家臣の大久保忠行に命じ、江戸の飲料水を確保することを計画。水源を井の頭池とし、善福寺池や妙正寺池の水も併せて神田駿河台まで引こうとした。これが神田上水である。天正18(1590)年ころ着手し、慶長年間(1596-1614年)に日本最初の上水道としてほぼ完成。後の玉川上水とともに江戸時代の2大上水となった。井の頭池の東端には、取入口である石門が残る。

一方、周辺の林は幕府の御用林として保護されていた。明治維新後、民間所有をへて東京府が買い上げ、明治22(1889)年宮内省の御用林となる。大正2(1913)年帝室御料地から東京市に下賜、大正6(1917)年恩賜公園となり、日本初の郊外公園として一般公開された。現在の開園面積は387,773平方メートル、うち池は43,000平方メートルほどである。大正14(1925)年、井の頭池は神田上水水源地として東京都に指定されたほか、弁財天やその周辺には、多数の三鷹市指定の文化財も点在している。

近年、都市化の波は防ぎきれず、その昔「七井の池」といわれたほど池を満たしていた湧水も今は枯れてしまい、深層の地下水をポンプアップしている。しかし、池の周囲には木の種類も多く、グリーンアドベンチャーコースが設けられ、池には、留鳥や渡り鳥、特に水鳥の数が豊富で、バードウォッチングには最適である。桜の季節は特に人が多い。都市住民の水と緑のオアシスとなっている。

\口コミ ピックアップ/

広くて自然がたくさんあり、ぶらぶら散策するにも、近くのカフェなどでスウィーツや軽食を買ってベンチで食べる、ゆるりと読書…など楽しみ方は無限大です。デートでも家族でも、一人でも、十分快適に過ごせます。敷地内にもいろいろなカラーのカフェがありますのでおススメ。小動物と触れ合えるコーナーから、ボートもあります。

吉祥寺を訪れたら必ず立ち寄ります。 井の頭恩賜公園

住所/東京都三鷹市井の頭3丁目・4丁目 下連雀1丁目 牟礼4丁目

TEL/0422-47-6900

「井の頭恩賜公園」の詳細はこちら

新宿御苑

神宮外苑の西北部に所在し,明治12年5月新宿植物御苑となり戦後一般公開された国の庭園。旧正門(千駄ケ谷門)付近の整然としたフランス式庭園から,中央の広々とした大芝生(イギリス式自然風景園)を経て,池泉回遊型の日本式風景園に至るスケールの大きな名園で,土・日曜ともなれば都民のオアシスとしてにぎわいをみせている。

\口コミ ピックアップ/

癒されます。都会にこんなにのんびりしたスポットがあるんだなと思うくらい癒しスポットです。友達と新宿でお茶をした後でブラブラしました。オススメです。 新宿御苑

住所/東京都新宿区内藤町11

「新宿御苑」の詳細はこちら

浅草寺

東京の名所で大提灯、仲見世が江戸情緒を伝える。現本堂は昭和33年再建の鉄筋コンクリ-ト造り。浅草名所七福神。

\口コミ ピックアップ/

お店を見るのも楽しい!浅草寺の参道に並ぶお店を見るのも楽しみの一つです。

お土産を見たり、買い食いをしたり、お祭り気分で楽しくなれます。

そして浅草寺のおみくじ!

凶が多い事で有名、と聞いてはいましたが、実際私も凶が出ました(笑) 浅草寺

住所/東京都台東区浅草2丁目3-1

TEL/03-3842-0181

「浅草寺」の詳細はこちら

東京都庁舎展望室

平成3年4月に有楽町から新宿に移転した東京都新都庁は,売り物の展望室を中心に人気を呼んでいる。

\口コミ ピックアップ/

なんと無料で大都会東京の夜景が楽しめます!西新宿にあり、アクセスも良好で旅行で訪れた方にもとてもおすすめです! 東京都庁舎展望室

住所/東京都新宿区西新宿2-8-1

「東京都庁舎展望室」の詳細はこちら

上野動物園

1882年(明治15年)日本で初めての動物園として誕生しました。14haの園内には、約400種3000点の動物が飼育されています。緑豊かな園内は、動物の生息環境を再現した展示や間近に見られる展示などさまざまな工夫をしています。2011年4月、3年ぶりにジャイアントパンダの展示も再開しています。

\口コミ ピックアップ/

子供の頃に行ったときの記憶にあった動物園とは変わっていて、びっくりしました。旭山動物園を参考にしているような箇所もたくさんあり、動物が身近にみれて楽しかったです。土曜日の開園と共に入場したのですが、そのときでもかなりの入場者でしたが午後からはさらに増えました。売店で売っている上野動物園オリジナルグッズもお土産に最適だと思います。

入園料も600円と安く、園内には休憩スポットもたくさんあり半日は過ごせると思います。 上野動物園

住所/東京都台東区上野公園9-83

TEL/03-3828-5171

「上野動物園」の詳細はこちら

靖国神社

維新に倒れた志士の霊をはじめ,今日まで日本が関係した戦いの戦没者の霊をまつる。桜の名所。

\口コミ ピックアップ/

靖国神社はもう数え切れないほど参拝しましたが、いつ行ってもあの空気感は大好きです。

季節によっても雰囲気が変わり、天気によっても違うので色んな顔が見られます。

私のパワースポットです。 靖国神社

住所/東京都千代田区九段北

TEL/03-3261-8326

「靖国神社」の詳細はこちら

渋谷ヒカリエ

渋谷から世界を照らす“Shibuya Hikarie”誕生。地上34階、地下4階の高層複合施設で、鉄道8路線が乗り入れる日本有数のターミナルである渋谷駅東口に位置。都内初のプラネタリウムや画期的な大劇場「パンテオン」をはじめとした複数の映画館なども構成されている。

\口コミ ピックアップ/

渋谷駅から直結なのでアクセスも便利です。かわいい商品やおいしい食べ物のお店もあるのでどの世代も楽しめると思います。 渋谷ヒカリエ

住所/東京都渋谷区渋谷2-21-1

TEL/03-5468-5892

「渋谷ヒカリエ」の詳細はこちら

東京スカイツリー

日本古来の技と最新技術に支えられた、新しい街のシンボル・東京スカイツリー。人々をやさしく見守ります。東京スカイツリーは、空に向かって伸びる大きな木をイメージしています。シルエットは、伝統的日本建築などにみられる「そり」や「むくり」を意識し、大きな木の下に、人々が集い、心を寄せ合う様子を表しています。

\口コミ ピックアップ/

はとバスで訪れました。350メートルの展望台まで行けるコースでしたが、私たちは料金を追加してさらに上の展望回廊まで行ってきました。景色はもちろん最高!ディズニーリゾートまでも見えるとは思いませんでした。一部ガラス床になっているところがあって下が見えるのですが、高さがありすぎるからか、怖さを感じないほどでした。 東京スカイツリー

住所/東京都墨田区押上2-1-1

「東京スカイツリー」の詳細はこちら

東京ソラマチ

2012年5月、新しい下町のにぎわいを感じさせるバラエティ豊かな312店舗が集う商業施設が誕生。東京スカイツリータウン内に位置し、東京スカイツリーとともに都心と東武沿線、日本と世界とを結ぶゲートシティを目指します。

\口コミ ピックアップ/

バラエティに富んだショッピングモール。スカイツリーの付属的なものかと思いきや、色々なジャンルのお店が沢山入っている、とても充実したショッピングモールです。

楽しくお買いものができます。 東京ソラマチ

住所/東京都墨田区押上一丁目1番2号

TEL/0570-55-0102

「東京ソラマチ」の詳細はこちら

鬼太郎茶屋

天神通り商店会以外で妖怪たちに出会えるのは、深大寺山門前にある鬼太郎茶屋です。店の外壁には、鬼太郎をはじめ、目玉おやじやねずみ男が描かれています。また、店の中庭にはさまざまな妖怪のオブジェが並べられているほか、店の前の木には鬼太郎の家があり、観光客の撮影スポットになっています。

\口コミ ピックアップ/

深大寺に鬼太郎茶屋があるのは知っていましたが場所は確認せずに境内を散策してました。

茶屋の前に大きな鬼太郎のオブジェがありましたので遠くからでもすぐに見つけることができました。

店内は鬼太郎グッズが売っているのはもちろんの事カフェスペースには等身大の鬼太郎ファミリーのぬいぐるみが置いてあり子供がテンションUPで楽しそうにおじいちゃんらしき人とお茶をしてました。 鬼太郎茶屋

住所/東京都調布市深大寺元町5-12-8

TEL/042-482-4059

「鬼太郎茶屋」の詳細はこちら

秋葉原電気街

世界でも類を見ない大規模な電気街。現在は,秋葉原駅を中心に約500店あり,家電,音響機器,パソコン,ワープロ,電話機,半導体,照明などありとあらゆる電気関連商品が並ぶ。商品はメーカー・新旧型によってちがうが大体定価の2~3割引。目玉商品はもっと安い。年間の来店客数は約3000万人,家電に限ってみれば全国販売額の8~9%を占めるという。外国人もまず「アキバ」にショッピングに訪れ,その数,年間約100万人になるという。

\口コミ ピックアップ/

アイドルやアニメなど文化の発信拠点。秋葉原と言えば電気街が有名で大小ものすごい数の電気店が立ち並んでいますが、最近はそれに加えてアイドルやアニメなどの文化の発信拠点にもなって、様々な人種が入り乱れたある意味活気あふれる街になってます。 秋葉原電気街

住所/東京都千代田区外神田

「秋葉原電気街」の詳細はこちら

目黒寄生虫館

寄生虫標本、資料展示。

\口コミ ピックアップ/

気持ち悪い!でもすごい!

寄生虫が信じられない情報量と説得力のある解説と共に展示されています。

気持ち悪いですが、寄生虫のたくましい生態は興味深かったです。

かなり濃い内容なのに入場料はなんと無料!

しかもなぜかカップルが多かった。グッズもかわいい?ですし、一度行ってみては。 目黒寄生虫館

住所/東京都目黒区下目黒4-1-1

TEL/03-3716-1264

「目黒寄生虫館」の詳細はこちら

フジテレビ本社ビル

東京の新しい観光スポットとしてすっかり定着したビル。屋内には、フジテレビ関連グッズショップやレストラン、地上100mから臨海パノラマを楽しめる球体展望室などがある。見学コースのスタジオプロムナードでは、テレビ画面には映らないスタジオ風景が見られておもしろい。見学所要時間は約1時間。

フジテレビに潜入?裏側をのぞく

\口コミ ピックアップ/

テレビの世界。テレビで見た!ってところに出会えるので楽しめると思います。

東京の方にはめずらしくないかもしれないですが、旅行等で来られた方なら、一度行ってみたらいいと思います。 フジテレビ本社ビル

住所/東京都港区台場2-4-8

「フジテレビ本社ビル」の詳細はこちら

原宿竹下通り

細い小道の両側にファッションビルや小さなブティックが軒をつらね,ドレスからアクセサリーまで,店先にあふれている。

\口コミ ピックアップ/

買い物に最適。古着が好きなら楽しめる場所です。土日は混んでいるのでオススメしません。

運良ければモデルさんを見れるかも(^^)

わたしは当時のセブンティーンモデルを見ました。

やっぱり若いこが多いですね。 原宿竹下通り

住所/東京都渋谷区神宮前一丁目

「原宿竹下通り」の詳細はこちら

ゴールデン街

歌舞伎町の区役所通りから東側,花園神社の裏手にかかる一帯をいう。迷路のような小路に小さなバー・スナックがびっしり軒を並べ,作家・編集者・映画人などにも常連が多い。新宿名物ともいえる夜の町である。

\口コミ ピックアップ/

ディープな世界に行きたくてゴールデン街へ。

なかなか一人では入りづらく、一見さんお断りの雰囲気がありますが、勇気を持って入ってみるととても良いお店だらけです。 ゴールデン街

住所/東京都新宿区歌舞伎町1

「ゴールデン街」の詳細はこちら

ハチ公の銅像

渋谷駅前の広場に立ち,渋谷のシンボルになっている。有名な忠犬ハチ公を讃えて,昭和9年に日本犬保存会が建立した。帰らぬ主人を待ちつづけたハチ公の哀話とはうって変って,今は待ち合わせ場所として有名。

\口コミ ピックアップ/

渋谷駅からすぐ。

渋谷駅のハチ公口からすぐです。行く前にハチ公の映画を先に見たほういいかもしれません。誰もが感動するストーリーです。 ハチ公の銅像

住所/東京都渋谷区渋谷駅前

「ハチ公の銅像」の詳細はこちら

金剛寺(高幡不動尊)

関東三不動の一つ。真言宗智山派別格本山。大宝年間の創建とも伝えられる関東有数の古刹。不動堂、仁王門、丈六不動三尊像ほかの重要文化財をはじめ、寺宝多数。土方歳三の菩提寺としても知られ、境内には明治時代に建てられた、近藤勇・土方歳三を顕彰した「殉節両雄之碑」もあり。

\口コミ ピックアップ/

妙音を響かせる鳴り龍!が大日堂の天井に描かれています。高幡不動尊の行事でお勧めは、毎年6月上旬から7月上旬まで行われる、あじさい祭が有名で種類も多く7,500株も咲き誇ります。 金剛寺(高幡不動尊)

住所/東京都日野市高幡733

TEL/042-591-0032

「金剛寺(高幡不動尊)」の詳細はこちら

亀有のこち亀像

常磐線のJR亀有駅北口前に人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の「両さん」ブロンズ像がある。両さん像は、ほほ等身大(漫画の設定では、168センチメートル)で、JR亀有駅北口の正面の歩道に設置されている。この他に、南口には「両津勘吉祭り姿像」、ゆうろーどポケットパークには「少年両さん像」、亀有公園のベンチに座った両さん像など、現在亀有の町には全部で14体のこち亀キャラクターの銅像がある。

\口コミ ピックアップ/

撮影にお勧め!亀有駅を出て左側へでるとすぐ正面にありわかりやすいです。皆さん写真を撮っているので一人で撮るのも恥ずかしくないですよ。 亀有のこち亀像

住所/東京都葛飾区亀有5丁目 JR亀有駅北口・南口他

TEL/03-3838-5558

「亀有のこち亀像」の詳細はこちら

神田古書店街

神保町1・2丁目の靖国通りと,神保町交差点からJR水道橋駅に向かう白山通りに面して,古書店が軒を並べている。明治以後,駿河台を中心に大学ができて,その学生を相手に発展し,内外の古書は全国の3分の2がここに集まっているという。青空古本市が名物。

\口コミ ピックアップ/

本屋、本屋、本屋。なんでライバル同士の同業者が隣り合いながら集まってきた街が出来たのか無知な私にはわからなかったのですが、神田古書店街を実際目にしますと、平日にも関わらず書店が賑わっていることで数十万、数百万以上ある欲しい書籍を求めて店を巡るのを楽しむ人々が多いんですね。 神田古書店街

住所/東京都千代田区神保町

「神田古書店街」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP