体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『コピーライター』ってどんな仕事?【気になるカタカナ系職業を突撃取材!】

こんにちは、大学生ライターの西野です。このコーナーでは憧れるけど謎すぎる、カタカナ文字の職業をご紹介します。前回のアートディレクターに引き続き、今回はコピーライターの謎を解き明かしていきます!

みなさんは、カルピスのCMと言えば何を思い浮かべますか?そう、あの印象的な「カラダにピース。カルピス」ですよね。

今回はこの有名なキャッチコピーの生みの親である、コピーライターの坂本和加さんにインタビューさせていただきました。

プロフィール

坂本 和加さん:コピーライター。

貿易商社OLからコピーライターへ。一倉広告制作所を経て、独立。2016年より、コトリ社主宰。主な仕事に、「行くぜ、東北」「カラダに、ピース。カルピス」などがある。東京コピーライターズクラブ会員。受賞歴に、毎日広告デザイン賞最高賞、準朝日広告賞、カンヌ国際広告祭ゴールドなど。

—よろしくお願いします!それではまず、コピーライターがどういうお仕事なのかを説明していただけますか?

ひと言で伝える仕事です。物を売りたいとか誰かに好かれたいとか、そういう悩みをもつ企業や人に対して、こういう言葉でコミュニケーションしていけばいいじゃないですか?と提案する仕事かな。CMもポスターも、広告の限られた時間の中では、短い言葉で伝える必要があります。例えば、「行くぜ、東北。」のような、「ひと言で言いたいことが伝わる」言葉を見つけるのがコピーライターの仕事です。

—なるほど、言葉を使って物のイメージを作るのですね。坂本さんがコピーライターのお仕事をされていて、楽しいと感じるのはどんなときですか?

「あ、こう言ってほしかったんだ。」と向こうの伝えたいことにパチッとはまる言葉が見つかったときは嬉しいですね。主にチームで仕事をしているのですが、言葉を考えていると「この指とまれ的な言葉」が見つかることがあるんです。

—「この指とまれ的な言葉」、ですか?

チームのみんなが、「あ、いいね」と思うような言葉です。その言葉を軸にイメージを作っていけるような。「ジャガイモみたいな言葉」とも言えるかな。どんな料理でもできてどんな色も付けられる、ごろんとしてて不特定な言葉。それが決まるとコピーライター冥利に尽きます。

—(言葉のセレクトがすごい…!言葉の魔術師…!) ふわふわとしたイメージを言葉という形にしていくのは難しそうですね。コピーはどのようにして考えているのですか?

いきなりコピーを書くことはしないかな。考える時間がとても大事なので。まず、具体的なゴールを設定します。「こういう時に、こんな人に…」というターゲットや、他の会社はどう思うかな?など、いろんな視点から考えますね。イメージが固まってきたらようやく言葉に落としていきます。

—考える時間がすごく多いんですね!ミュージシャンがよく言う「歩いてたら歌詞が突然浮かんできた!」みたいな感じで言葉が浮かぶのかなー?なんて思っていました。

そうだったらいいですねぇ(笑)。いろんな人を納得させないといけないので、ある程度、「これならいけそうだ」と左脳的に検証します。どんな言葉が今キテいるのか、それはどう(ことばとして)響くのか、とか。だから、今流行っている、新しい情報は入ってくるようにしています。

—言葉の材料はどこで仕入れていますか?

特にこれといったことはしていないですけど、本屋の徘徊は好きです。平積みされている本を見て、世の中の流れを知るというか。コピーは、常に宿題みたいに頭にあってアンテナを張るようなことになっていて、情報が自然と集まってくるんです。漫画を読んでいて何気ない一コマにヒントをもらうこともあります。常にいろんなところからインプットはしているみたいです。

—コピーライターがどういったお仕事なのか、よく分かりました。もしよろしければ、お仕事の実例を見せていただくことはできますか?

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。