ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家庭で水質検査が可能!スマホアプリと検査キットを組み合わせた「CitizenSpring」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水は、ヒトが生命を維持するために不可欠であり、水道水の衛生レベルや安全性は、ヒトの健康に重大な影響を及ぼす。

たとえば、高濃度の鉛で汚染された水道水を摂取すると、ヒトの脳や腎臓、神経系統などに害をもたらし、とりわけ、小さい子どもや妊娠中の女性には、健康被害へのリスクが高まるといわれている。

・検査キットとスマホアプリを組み合わせた水質検査ソリューション

米国の神経学者ショーン・モンゴメリー(Sean Montgomery)氏は、専門知識のない一般ユーザーでも家庭で簡単に水質検査できる「CitizenSpring(シチズン・スプリング)」を開発した。

「CitizenSpring」では、スポイトでガラス瓶に水を移し、ガラス瓶の中の水に浸した試験紙をスマートフォンで撮影すると、水中の鉛の濃度が環境保護庁(EPA)の水質基準値の範囲内かどうか、自動で診断できる。

また、「CitizenSpring」は、検査を実施したユーザーがこれらの検査結果をクラウド上にアップロードし、水の安全性の有無を広く共有できる、クラウドソーシング型のオンラインマップも開設。

近隣住民は、このオンラインマップを閲覧することで、安全な水が得られるスポットを簡単に見つけることができる。

・住民が自ら環境データを計測し、共有し合う時代に!?

住民が大気汚染状況をモニタリングするカナダの「INHALE」や、英国の大気環境モニタリングツール「CleanSpace」など、一般ユーザーが主体的に家庭や地域の環境データを測定し、共有し合う動きは、すでにいくつかみられる。

「CitizenSpring」は、このような仕組みを水質汚染の可視化に応用した事例として、興味深い。

CitizenSpring

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP