ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バーズ&メロディが2週目の洋楽チャート首位を死守、5SOSが3位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バーズ&メロディの「ホープフル」が、2週目の1位をキープした今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 日本デビュー・アルバムのリリースに合わせ、全国のラジオでパワープレイされ、今週もTOP5圏内にランクインしたバーズ&メロディの「ホープフル」。来日効果をうけ、今週はTwitterポイントも大量に稼ぎ(洋楽勢2位)再び1位をマークする結果となった。

 1位と接戦だったものの2位に停滞のヘイリー・スタインフェルド「ラヴ・マイセルフ」をはさみ、3位にはファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ガールズ・トーク・ボーイズ」が初登場。元々は7月にリリースされた同曲だが、先週末から公開されている映画『ゴーストバスターズ』の挿入歌となっており、映画公開とともにエアプレイ・チャートを急上昇。先月公開された映画にちなんだミュージック・ビデオも話題となっており、Twitterポイントも微量ではあるが反映されている。

 先週「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」が8位にランクインしたザ・チェインスモーカーズだが、今週は入れ替わり先週14位だった「クローサーfeat.ホールジー」が8位に上昇。同曲は、米ビルボード・ソング・チャートにて現在2週連続首位をマーク中。また先日開催された【MTV VIDEO MUSIC AWARDS】でも生披露されたこともあり、来週はさらなるランクアップが期待できるだろう。

 そして20位には、オランダ出身のDJ/プロデューサー、ティエスト「サマー・ナイツ feat.ジョン・レジェンド」が初エントリー。同曲は、ヘッドライナーとして来月出演する【ULTRA JAPAN2016】での来日を記念した『ア・タウン・コールド・パラダイス~ジャパン・スペシャル・エディション』にも収録されており、来日に向けての今後のチャート・アクションに期待したい。
 
◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ホープフル」バーズ&メロディ
2位「ラヴ・マイセルフ」ヘイリー・スタインフェルド
3位「ガールズ・トーク・ボーイズ」ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー
4位「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」DNCE
5位「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」メジャー・レイザー
6位「ハッピー」ファレル・ウィリアムス
7位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレイク
8位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
9位「ソーリー」ジャスティン・ビーバー
10位「キャリー・オン」ノラ・ジョーンズ

関連記事リンク(外部サイト)

9月5日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
キスマイ「Sha la la☆Summer Time」三冠で総合首位獲得、RAD「前前前世」ダウンロード1位
RADWIMPS『君の名は。』がセールス、デジタル好調でトップ!SMAPベストは順位上げる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP