体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

13thTIMM、ビジネス・セミナーのタイムテーブル発表&ワンデイパス発売開始

13thTIMM、ビジネス・セミナーのタイムテーブル発表&ワンデイパス発売開始

10月24日〜26日に渋谷を中心に開催される、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東京国際ミュージック・マーケット」(以下 13th TIMM)。13th TIMMにて行われるビジネス・セミナーのタイムテーブルが発表され、ワンデイパスの発売も開始した。

今年の13th TIMMの特色として、ビジネス・セミナーの充実があげられる。個性豊かなモデレーターとスピーカーを迎え、渋谷で開催される8本のビジネス・セミナーのタイムテーブルが決定した。なお、ビジネス・セミナーを受講するには、TIMMへの来場者登録(有料)が必要になる。

「第13回東京国際ミュージック・マーケット」タイムテーブル
10月24日(月)10:00〜11:30
<テーマ>
「最新の中国音楽著作権ビジネス事情」
<概要>
日本人アーティストの中国、台湾、香港を中心としたアジア各地でのコンサート、イベントに長年携わってきた、横澤氏をモデレーターに迎え、最新の中国音楽著作権ビジネス事情に関して、話し合う。
<モデレーター>
横澤 優(アソジア 代表取締役)
<スピーカー>
後日発表

10月24日(月)12:00〜13:30
<テーマ>
「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
<概要>
世界で、特に日本以外において、録音物のセールスの落ち込みが激しい昨今、ライヴ・パフォーマンスはアーティストのキャリアを育成する上で何よりも大切になっている。このパネルでは、主要な国際的ブッキング・エージェントたちを迎え、著名な日本アーティストのコンサートを手掛けるプロセスを話し合う。彼らはどのように、日本のトップ・レベルのタレントを国際的に扱い、プロモートするか明らかにする。
<モデレーター>
Rob Schwartz (Billboard magazine / Tokyo Bureau Chief)
<スピーカー>
JohnPantle (APATalentandLiteraryAgency/VicePresident) Ross Warnock (UNITED TALENT AGENCY / Agent )

10月24日(火)14:00〜15:30
<テーマ>
「Keynote Conversation 〜今後の日本アーティストの海外展開」
<概要>
ロサンゼルスを拠点として活動する音楽プロデューサーのKazUtsunomiya氏、ソニー・ミュージックエンタテインメントの元社長であり、現在は247の代表取締役、またS.M.Entertainment顧問としても活躍する丸山茂雄氏をお迎えし、これまでの事例を踏まえ、今後の日本のアーティストがどのように海外進出すべきかについて、語りあう。
<スピーカー>
KazUtsunomiya(AntinosManagementAmerica,Inc./COO兼ExecutiveProducer)
丸山茂雄(247代表取締役、S.M.Entertainment 顧問)

10月24日(月)16:00〜17:30
一般社団法人日本音楽出版社協会(MPAJ)共催セミナー内容は後日発表

10月25(火)10:00〜11:30
<テーマ>
「海外公演に向けて、日本アーティストがすべき準備とは」
<概要>
文化と同じく日本音楽はユニークであるが、その独自性は有利にも、不利にもなりえる。世界各国をかけまわる音楽業界のベテラン達が、日本アーティストが海外のファンベースを作る際に直面する様々な障害について語り合う。海外の音楽コンファレンスに参加する必要はあるのか?歌詞はどの言語であるべきなのか?航空券を買って旅支度をする前に、組むべきツアーチームとは?などについてこのパネルでは、話し合う。
<モデレーター>
Rev.Mooth(Marauder /Co-Founder)
<スピーカー>
南部喨炳(ZAZA代表取締役/FYD取締役)
VladimirKravchenko (COLISIUMInternationalMusicConference/GeneralDirector)ほか

10月25日(火)12:00〜13:30
<テーマ>
「アジア全域で拡大する音楽フェスティバルの現状」
<概要>
音楽フェスティバル全盛だが、多くのフェスティバルが出現し、アジアのマーケットは飽和の危機なのだろうか。最新のトレンドは?そしてライヴ・ミュージック・ビジネスが今後向かう方向は。また、どのようにプロモーターが出演アーティストを選ぶかに関しても検証する。ストリーミング、ソーシャル・メディアやその他データ全盛の時代、その手法はかつてと比較すると、今や科学的とさえ言える。
<モデレーター>
SebastianMair (President/MusicSolutions)
<スピーカー>
ArchieHamilton(SPLITUNITED/Founder&MD) JustinSweeting (MusicDirector/MagneticAsiaLtd)ほか

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会