体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【中島聡×清水亮】我々の仕事はAIに奪われるのか──ディープラーニング時代の生き残り方を考える #engineer_moshi

アイデアをカタチにした人だけが、組織の中の推進者になれる

清水:ご無沙汰しています。唐突ですが、中島さんは最近コードを書かれています?

中島:書いてますよ。最近はデジタルドキュメントにビジュアルオーディオ機能を組み込めるオープンソース「Swipe」をなんとかモノにしようと頑張っています。

対話型漫画、サウンドノベル、グラフィックオーディオブックから、双方向ビデオ、チュートリアル、プレゼンテーションまで制作できるデザインソリューションという位置付け。これをやるために、UIEvolutionとは別の会社を作り、僕は半ば趣味としてやっている。

清水:最近出された『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』(文響社)も売れているようですね。あれって、時間術のノウハウ本というより、エンジニアの生き方に関する本でしょう。夢中になるぐらい好きな仕事なら頑張れ。それができないならすぐ辞めたほうがいい、という。

中島 聡氏
UIEvolution Inc.のファウンダー。マイクロソフトでWindows95、Windows98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフアーキテクトなどを務めた。現在シアトル在住。有料メルマガ「週刊 Life is beautiful」でも活躍中。

中島:そうなんですよ。たしかに体裁は時間術のノウハウ本にはなっていますが、僕がこの本で言いたかったのは、自分のパフォーマンスを思い切り発揮できる仕事を選ぼうよ、ということ。

そもそも上司に命令されずとも、誰に言わなくても夢中でやってしまう。そういう仕事はその人に向いているというべきです。逆に言うと、人に言われないと仕事しない、締切に追われないとできないのであれば、その仕事は向いていないと思う。

清水:同感です。

中島:僕自身、何か面白いものを見つけたら、ささっとプロトタイプを作り、最初の2日で8割方作ってしまう人でした。本の中で「ロケットスタート時間術」とか「2:8の法則」と呼んでいるものです。

Windows95のプロトタイプ開発でもそうだったし、OSとWebブラウザを合体させる、後のWindows98につながるプロジェクトでもそうでした。

どんな仕事でも企画をアイデアのままではなく、形にした人がその企画の推進者になれるということを、僕はMicrosoftで学んだんです。

たしかにこうした仕事のやり方は誰もが真似できるものではないかもしれない。けれども、組織の中でどうやって重要な仕事を任されるかというと、やはり勝つのはアイデアを形にできる人なんですね。

IT業界には常に流行り言葉があって、例えば「モバイルファースト」とか「ディープラーニング」とか。それをあれこれいう評論家タイプのエンジニアは多いけれど、目に見える形で動くモノを作って見せれば、そういう人への評価は高くなる。

組織の中で重要なポジションを占めたいのであれば、まずは作っちゃうこと。上司の許可なんていちいち求めてはいけないんです。

清水:エンジニアというのは、モノを作れる人ですからね。僕も自分で作っちゃうタイプだけれど、組織のメンバー全員それができるかというと少数です。100人に1人ぐらいじゃないでしょうか。

中島:なぜみんなやらないのかとは思いますね。たしかに、せっかく作っても採用されないことは多い。その無駄を避けたいのかな。実際、僕も無駄にしたプロジェクトは数知れず。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会