ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】フランク・オーシャンが驚異の初動枚数で自身初の首位デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 R&Bシンガー、フランク・オーシャン待望の新作『ブロンド』が、自身初の首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 昨年からリリースの告知がされたり、結局出なかったりと、情報が定まらなかったフランク・オーシャンの2枚目のスタジオ・アルバム『ブロンド』。8月19日に“ヴィジュアル・アルバム”として『エンドレス』が先に発売され、その翌日となる20日に、ようやく本作『ブロンド』が、いわゆるサプライズ・リリースという流行に則った形でリリースされた。

 どちらのアルバムも、アップル・ミュージック限定で配信され、視聴回数(ストリーミング)もデジタル・セールスも好調、初動枚数は276,000枚という高セールスを獲得し、2016年度の集計では、アデル、ドレイク、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバーに続く5番目の初動売上枚数となった。しかし、彼らは先行シングルの大ヒットがあったが、フランク・オーシャンの場合、シングルのヒットはないにもかかわらず、この数字は快挙といえる。

 4位に初登場したのは、カナダ出身、24歳のラッパー、トーリー・レインズのデビュー・アルバム『アイ・トールド・ユー』。2009年のデビューから、これまで10枚以上のミックステープはリリースしてきたものの、正式なスタジオ・アルバムは本作が初となる。初動枚数5万枚を超えるヒットに至ったのは、先行シングルとしてリリースした「ラヴ」が、ソング・チャート21位、R&Bチャート9位というヒットに至ったからだろう。同曲は現在も上昇中だ。

 5位のリンジー・スターリングは、本作『ブレイヴ・イナフ』が通算3作目のスタジオ・アルバムとなる。前作『シャター・ミー』(2014年)が最高位2位をマークし、一気にブレイクを果たした、“踊るバイオリニスト”として注目を集めた女性バイオリニストだ。クラシック・チャートのみならず、ダンス・チャートでも、デビュー作『リンジー・スターリング』(2012年)から3作連続の首位獲得を果たしている。

 次週は、8月28日に開催された【MTV ビデオ・ミュージック・アワード】で8部門を受賞した、ビヨンセの『レモネード』(今週13位)が、再びTOP10入りすることが予想される。その他にも、コールドプレイやリアーナ、ドレイク、アリアナ・グランデなど、出演したアーティストの作品がポイントを伸ばすだろう。同アワードでパフォーマンスをした、ブリトニー・スピアーズの新作『グローリー』の初動枚数にも注目が集まる。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、31日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ブロンド』フランク・オーシャン
2位『ヴューズ』ドレイク
3位『スーサイド・スクワッド』サウンドトラック
4位『アイ・トールド・ユー』トーリー・レインズ
5位『ブレイヴ・イナフ』リンジー・スターリング
6位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ
7位『25』アデル
8位『アンチ』リアーナ
9位『メジャー・キー』DJキャレド
10位『ハミルトン』V.A.

関連記事リンク(外部サイト)

9月3日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
9月3日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
フランク・オーシャンの拘りが十分に感じられる、後世に残る名盤『ブロンド』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP