ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イギリス発「ベーコンジャム」がクセになる美味さだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノですが、なんと本場イギリスでは発売されるや即完売の人気っぷりだとか。

ところで…
「ベーコンジャム」って何?

いわゆるベーコンのそぼろのようなもの。原材料はベーコンや玉ねぎ、さらにコーヒー、バルサミコ酢。なんともトリッキーな組み合わせです。

イギリスは、パンやシリアルが朝食の主流。もちろんジャムは必須。そして、王道のブレックファーストにはベーコンが。もしかしたら、生まれるべくして登場したネクストウェーブなのかもしれませんよ。

食べる前から毛嫌いするより、まあ一度作ってみましょうよ!「ジャム=パンに塗るもの」、この概念がくつがえるはず。

この味はクセになる!
甘辛スパイシーな絶品「ベーコンジャム」

バランスが重要なので、あえて分量は詳しく。

まずは玉ねぎ1個、ニンニク1かけ、ベーコン200gをみじん切りに。フライパンにオリーブオイル大さじ2と玉ねぎを入れて、あめ色になるまで弱火で炒めたら、ニンニクとベーコンを加えてベーコンの脂がでるまで炒めましょう。最後に、水100ml、バルサミコ酢大さじ2、はちみつ大さじ2、インスタントコーヒー小さじ1/2を加えて、水気が少なくなるまで煮つめたら、塩コショウで味を調えてできあがり。

保存は煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫で。1週間を目安に食べきりましょう。

意外にイケるアレンジ力
ポテンシャルがすごかった

現地ではトーストに塗ったり、チーズといっしょに食べたり。衝撃のジャムの割には、なんとも“紳士な”食べ方です。でも、せっかくこんなにパンチの効いた味なのだから、もっと可能性を秘めているはず。

そこで、ベーコンジャムのアレンジに挑戦してみました。納得アレンジから、「本当に大丈夫?」と疑ってしまうほどの斬新アレンジまで。厳選した使い方をご紹介します!

01.
まずはベタに、クラッカーにのせる

ベーコンジャム適量をクラッカーにのせるだけ。ささっとおつまみを用意したいときにオススメ。クリームチーズと合わせてのせてもいいですね。

02.
甘じょっぱい感が◎
フレンチトーストにのせる

たまご1個、水大さじ1、粉チーズ大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜ、食パン1枚を浸して焼いてフレンチトーストに。ベーコンジャム、粉チーズ、刻んだパセリを各適量でトッピングすればOK。

甘いフレンチトーストにベーコンジャムの塩っ気がうまくマッチ。食べ応えもあるので、ランチやディナーの一品に。手が止まらなくなる美味しさですよ。

03.
“食べるラー油”感覚で
TKGにのせる

ごはんにベーコンジャム適量、たまご1個を落としたら、お好みの量の黒こしょう、醤油をかけていただきます。

意外や意外、黒こしょうと醤油の風味が加わって深みのある味わいに。その絶妙なバランスTKGは、病みつきになること間違いなし!

いつもの料理にベーコンジャムをちょい足しするだけで、見た目にも味にもイケイケ感が出てきます。いろいろ試して、オリジナルのアレンジ料理を見つけてみては?

関連記事リンク(外部サイト)

冷蔵庫に眠った「ジャム」が最高の隠し味になる料理5選
「ハム」と「ベーコン」の違いをあなたは知っていますか?
【アメリカ発】斬新すぎる組み合わせ。オレオにベーコンを巻くと・・・めちゃ美味らしい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。