ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キレイをチャージする女性ホルモン“エストロゲン”の増やし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性ホルモンの“エストロゲン”は、女性の体と心の健康、そして美しさに係るとても重要なホルモンです。エストロゲンは体内で生成され分泌されるので、直接食べ物から摂ることはできません。でも、エストロゲンを増やすコツや、増やすために積極的に食べたい食品はあります。

女性ホルモン“エストロゲン”は女性の美に関わっている!?

エストロゲンには生理をもたらす働きがあり、女性にとってはなくてはならないホルモンです。エストロゲンには、バストを豊かにしたりお肌や髪をツヤツヤに美しくする働きもあります。エストロゲンが分泌されやすいのは、生理後から排卵まで。排卵から生理まではプロゲステロンというホルモンが分泌されやすくなります。プロゲステロンには食欲を増進する働きもあるので、生理前は太りやすくなってしまうのです。

エストロゲンを減らしちゃう原因は?

エストロゲンは年齢とともに分泌量が減っていきます。でも、それだけでなく不規則な生活や人間関係などのストレスもエストロゲンの分泌量を減らしてしまう原因となります。不規則な生活で生理周期が狂っちゃったりすることもありますよね? 生理周期が乱れることもホルモンバラスに影響し、エストロゲンの減少につながります。

エストロゲンを増やすために食べたいものは?

エストロゲンと同じような働きをする物質に植物性エストロゲンがあります。植物性エストロゲンを摂取することで、エストロゲンの減少を補うことができます。ここでは、女性ホルモンを増やすために積極的に食べたい食品をご紹介します。

【大豆製品】

大豆に含まれる大豆イソフラボンは植物性エストロゲンのひとつです。ただし大豆イソフラボンが女性ホルモンのように働くには体内でエクオールに変換する必要があります。日本人女性の2人に1人は体内でエクオールに変換することができないと言われています。年齢が高いほど変換できる人の割合が多く、子どもの頃大豆を多く食べると変換できるようになると言われています。変換できるかどうかはソイ・チェックで検査することができます。もし、体内でエクオールを作ることができなければ、エクオールのサプリメントを摂取する方法もあります。

【ゴマ】

ゴマに含まれるリグナンも植物性エストロゲンです。ゴマは粒が小さいため、そのまま食べても消化されずに出てきてしまうことがあります。ゴマの栄養をしっかり摂取するには擦りゴマにして食べた方が効果的です。亜麻仁油や亜麻の実(フラックス・シード)にもリグナンが含まれています。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP