ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリのインストール時はパーミッションを確認

DATE:
  • ガジェット通信を≫

不正アプリは感染力を持たないため、基本的にはユーザーがアプリをインストールしない限りは端末に侵入できません。そこで注意したいのが、アプリインストール時のパーミッション情報。不正アプリの被害に遭わないためにも、アプリのインストール前に許諾をきちんと確認しましょう。

不正アプリはインストールが必要

パソコンのウイルスは、ユーザーの不注意やシステムのセキュリティホールを悪用して感染するもの。スマートフォンの不正アプリもユーザーを騙して入り込むのは同様ですが、異なるのはアプリ単体で侵入してくることです。

たいていは「便利なアプリ」や「有名アプリ」「無料動画アプリ」などを装ってユーザーの関心を引き、インストールさせようとします。最も典型的なのが「スパムメール」です。

アプリのダウンロードページのリンクが記載されたメールを送りつけ、リンクからアプリを取得したユーザーが感染させられます。逆にいえば、ユーザーが自分からインストールしない限り、不正アプリは端末内に潜り込むことはありません。

アプリのインストール前に許諾確認

不正アプリを見破るひとつの方法は、インストール時にパーミッション情報を確認することです。Androidではアプリをインストールする際に「アプリの権限」リストが表示されます。

実際に、アプリをインストールする時に表示される「アプリの権限」画面を見てみると、アドレス帳などをアプリが読み取る「個人情報」、外部のサーバとアプリが自由に通信する「ネットワーク通信」など、そのアプリが利用するデータや機能が確認できます。

「バッテリー長持ちアプリなのに電話帳データにアクセスする」など、明らかに必要なさそうな権限をアプリが求めてきたら要注意。インストール前に、許諾をきちんと確認することが大切です。

関連記事リンク(外部サイト)

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP