ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思い出がとっ散らかっていませんか? アルバムやブログでいつでも取り出せる整理術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生まれたばかりの頃や、寝返りが成功したり、お座りができたり、子どもができるとその成長に一喜一憂。写真や動画をついついたくさん撮ってしまいますよね。

スマホにたくさん撮りためた写真や動画を、見返すのは密かな楽しみのひとつ。 小さい頃の動画は、のちの育児の励みにも…関連記事:愛情<義務感だった新生児期。当時の自分に知って欲しい、あんなことやこんなこと by チカ母

でも、そんな大切なデータたち。撮りっぱなしで放置していませんか?

スマホにも大量のデータが保存できるので、意外と不便はありません。

でも、スマホを紛失していまったら? データがなくなってしまったら?

そう考えたら、せっかくの思い出が消えてなくなってしまいます。

そこで、今回は私が実践している、思い出(データ)の整理の仕方をご紹介します。

子どもが生まれて写真がたまっていくにつれて、自分なりのルールを決めました。

誕生日に1年撮りためた写真を使ってフォトアルバムを作る。

この誕生日の時とその半年後(つまり年に2回)に写真を現像する。

日々のことは写真とともにブログに記録。

この3つを実践しています。

特にこういう仕事をしていると、過去の成長の様子を思い出すのにブログはとても便利。

寝返りができたのはいつだった、とか、この頃はよくあの歌を歌っていたな、とか。

誰かに見せるという意味ではなく、自分の記憶(思い出)を整理する場所としてブログを使っています。

フォトアルバムは1年ごとに1冊。現在3冊目の制作に着手している真っ最中。

ここで、私が工夫していることは、アプリを併用していること。

というのも、私が利用しているフォトアルバムは料金も安くて、携帯ですべてでき、操作も簡単で便利。

ただし、写真をたくさん使うには限界があります。

そこで、写真をコラージュするアプリを使って、フォトアルバムにはない写真の組み方や点数の配置などを選択。

つまり、自分の好みのコラージュ写真を作って、それをフォトアルバムの1枚の写真として利用するということ。これなら、フォトアルバムの規定の点数よりもずっと多くの写真を使うことができるのです。

かなり労力は要りますが、これも携帯ですべてができるので時間がある時にせっせと作業。過去の写真を見ながらのコラージュ作り、意外とハマります。

次に、写真の現像。

フォトアルバムと同様、親や他人に見せるにはプリントしたものが一番しっくりきます。

ついついたまりがちな写真も、期間を決めて現像するようにすることでたまりすぎを防ぐことができます。

私の場合はフォトブックと同じところで現像。半年分たっぷりためても激安価格がありがたいかぎり。

しかし、現像するとなるとついあれもこれも現像したくなって、とてつもない枚数になりがち。

アルバムに整理するようにしていますが、アルバムの冊数もすごい勢いで増えていきます。そこで、今年からはフォトアルバムを主体にして、現像枚数は減らそう、という方針に切り替えようかと検討中。

最後に動画の整理ですが、携帯の動画をこれも年1回程度の割合でDVDに保存するようにしています。

娘もそれをテレビで見るのが好きで「映画、映画」といって催促してきます。

携帯の小さな画面で見るよりも、大きなテレビで見られるので家族そろって見られるのが利点です。

いずれにしても、せっかくためた思い出の数々。

上手に整理して大切な思い出をいつでも取り出せるようにしておくのがおすすめです。 関連記事:おさがり服が現役の服より多い?!子ども服の保管方法と、上手に手放すタイミング

著者:ノンちゃん

年齢:39歳

子どもの年齢:2歳12か月

元へっぽこ編集者。訳あってシングル&実家田舎暮らしのアラフォー母ちゃん。娘は4月から保育園、ママは6月から新しい職場と環境が一変。すっかり保育園に慣れた娘とは対照的に、慣れない仕事にてんてこ舞いのママなのでした。

関連記事リンク(外部サイト)

夏休み最後に試したい、『防災ピクニック』のススメ
父は「wow…!」、娘は「わたし、おねえちゃんちゃうで!」 あおむろ家の第二子妊娠 byあおむろ
子育ての不安に押しつぶされそうな日々。遠方から突然やってきた母のぬくもりに大号泣

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP