ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魚介のうま味たっぷりの冷製ペスカトーレの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!

「コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」というブログを運営している、

メシ通レポーターのはらぺこグリズリーと申します。

今回も『メシ通』で私のブログと同様コスパを追求した料理を

読者のみなさまにお送りできればと思います。

手抜き料理でもうまいものはうまい!

普通ペスカトーレと言えば、フライパンを使って炒めて、

ホールトマトを入れて、別の鍋でパスタを茹でて……

というようなある程度の工程を踏まなければなりません。

実際「おりゃあ!」と気合いを入れて取り掛かってしまえばそんなに大変ではないのですが、

作り始めるまでが面倒なのはあると思います。

そして今は夏。

部屋でクーラーをつけていても料理で火を使っているとすごく暑いんですよね。

今回の冷製ペスカトーレはそういった面倒さを極力減らしてみました!

普通のペスカトーレに比べて圧倒的にお手軽かつ、ちゃんとおいしい仕上がりです!

材料・費用

1、シーフードミックス 100g
125円

2、パスタ
100g
40円

3、トマトジュース
190㏄
85円

A、お酒
100cc

B、コンソメ
1個

C、塩こしょう
1ふり

D、粉チーズ
お好み

E、パセリ
お好み(なくても可)

計、250円

作り方

1、器にシーフードミックス、お酒を入れてラップをする。

2、ラップをした器を500wの電子レンジで4分加熱する。

3、加熱した器から汁を大さじ1だけ残して、シーフードをザルにあける。

4、砕いたコンソメ、トマトジュース、シーフード、大さじ1の汁をボウルに入れてよく混ぜる。

5、パスタを茹でて、氷水でよく締める。

普通のパスタだと表記時間より1分くらい短い時間で茹でるのがちょうどいいのですが、

これは冷製パスタで、一度冷やして締めるので、

パスタの茹で時間は微調整せず、パッケージの表記通り茹でるのがいいと思います。

6、4のボウルに締めたパスタを入れ、塩こしょうを加えて和える。

食器に移し、お好みで粉チーズとパセリをかけて完成です。

パセリは入れても入れなくてもいいですが、

味にアクセントが付きます。

ついでに見栄えが格段に良くなるので、誰かに作ってあげたりする時にはかけてもいいかもしれません。

ワンポイント!

・電子レンジで擬似的に酒蒸しを済ませることで暑さを軽減できます。

・ホールトマトを使わずにトマトジュースを使うことで楽です。

・器と鍋とボウル、トングくらいしか使わないでいいので洗い物も楽です。

あとがき

冷製パスタは難しそうなイメージがありますが、

意外と簡単というか、明らかに普通につくるより楽です。

かなり簡略化したことであまり馴染みのない作り方に見えるかもしれませんが、

筆者は大満足の出来栄えです。

手間が少ないにも関わらずおいしいです。

加えて夏の調理という特殊環境においては

-暑い中で火をそんなに使わず作れる

というのは大変な強みです。

料理のコスパは、

もちろん「食材の安さ」もありますが

「材料の手に入れやすさ」

「調理の簡単さ」

「後片付けの楽さ」

なども関わっていると思います。

料理がおっくうになりがちな夏だからこそ、

お手軽にひんやりおいしい冷製パスタ、つくってみてはいかがでしょう。

はらぺこグリズリー

一人暮らし向けの料理の作り方を、「コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」というブログに日々投稿している。人目に晒されるのを躊躇するような料理でも、激安、旨い、手軽の3拍子が揃っていれば記事にしている。「高くて旨いは当たり前、安くて旨いこそ本当にいいもの」をモットーに、今日も料理を作っている。 Twitter:@cheap_yummy facebook:cheap.delicious Instagram:cheap_yummy

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【涼グルメまとめ】残暑を乗り切る冷えっ冷えの涼グルメ、凍えるほど食らう!
パクチストたち、常備せよ! すべての料理にかけたいパクチーオイルを作ってみた
【激ウマ注意】〝魔法のスナックパウダー〟でいろんなポテチ味を作ってみた【料理解析】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP