ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サザエさんが視聴率低迷で異変 国民的アニメの若返り大作戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日曜のお茶の間の代名詞である国民的アニメに“危険信号”が灯っている。フジテレビを代表する人気番組『サザエさん』の視聴率低下が止まらないのだ。

 数年前まで毎週のように視聴率20%を記録していたが、今年に入ってからは視聴率が2桁を割る回が目立ち、7月には今年ワーストの7.7%を記録するなど苦戦が続く。フジにとって『サザエさん』は特別な役割を担っている番組ゆえ、社内では不安の声が挙がっている。フジテレビ中堅社員が嘆く。

「『笑点』から始まる、日曜日の日テレの強力な番組ラインアップは“黄金視聴習慣”とまで言われ、『ザ!鉄腕!DASH!!』、『世界の果てまでイッテQ!』、『行列のできる法律相談所』と軒並み高視聴率を許している状況です。

 18時半の『サザエさん』でどれだけチャンネルをフジに合わせてもらえるかが、そのまま日曜夜の局全体の視聴率に響くんです」

 そんな中、8月21日放送回で“異変”が起きた。ピアノを習い始めたサザエが、引き取り先のないグランドピアノを家で引き取ろうと奔走する話。エピソード自体はさして珍しくもないが、ピアノの先生役として登場した青年の「声」が思わぬ波紋を広げたのだ。

 この声の主は、若手人気声優の代永翼氏(よながつばさ・32)。人気野球漫画が原作のアニメ『おおきく振りかぶって』(TBS系)の主人公役の声優として若い女性に大人気なのだという。

『サザエさん』に人気若手声優が出演することは珍しく、ツイッターでは〈突然、代永さんの声がして飛び起きた!〉と書き込まれ、本編の内容と関係ないところで『サザエさん』が注目されたのだ。

 なぜ突如、若手声優が起用されたのか。

「局内で『サザエさん』は内容のマンネリ化が叫ばれており、スタッフの高齢化も問題視されていた。そのため、いまは若返りを進めている。キャスティング担当者も20代となり、若者に人気の声優を起用するアイデアを思いついたのでしょう。今後はメインキャストの声優交代など、より大胆な改革もあるかもしれません」

 この改革が吉と出るか凶と出るか? 『サザエさん』がフジの命運を握っているのは間違いない。

※週刊ポスト2016年9月9日号

【関連記事】
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も
アニメ好き愛子様 声優の「サザエでございま~す」聞かれる
サザエさんは元出版社勤務でタラちゃんは女の子説あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP