ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お皿にぶちまけられた「歯磨き粉」で、母が娘に伝えたかった大切なこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ある日、母親のエイミーさんはもうすぐ中学生になる娘に、歯磨き粉に中身すべてをお皿の上に出すよう指示し、こう言いました。

「この歯磨き粉を全部、またチューブの中に戻してみなさい」と。

世の中には
「取り返しのつかないこと」
がある

娘のブリオナさんは「そんなの無理だわ!」と叫びましたが、エイミーさんはゆっくりと、愛娘にこう語ったのです。

「この歯磨き粉のことを忘れてはいけません。中学校に入ったら、あなたは言葉の大切さを知ることになるでしょう」

歯磨き粉を通してエイミーさんが伝えたかったのは「世の中には取り返しのつかないことがある」ということでした。

一度口にしてしまった言葉は戻すことはできない


「言葉を使って誰かを傷つけてしまうこともあるでしょうし、それと同時に誰かを言葉によって励ますこともできるでしょう。私は今週、3回も言葉の選択を誤りました。あなたも時々、間違ってしまうことがあるはず。言葉にはすごい力があるのです」

どんなに頭でわかっていても間違えてしまうことはあるし、親である自分もまた、過ちを犯してしまうことがあるんだ、とも伝えたのです。

「ちょうどこの歯磨き粉のように、言葉は一度口から出てしまうと、元に戻すことはできません。言葉は注意深く選びなさい。今夜あなたが学んだことは、あなたの中学校での生活を豊かにしてくれるでしょう。優しくて、思いやりのある人になりなさい。後悔しない人生を送るために」

この彼女のFacebook投稿には67万ものいいねが集まり、さらに「素晴らしい教育ですね」や「これは本当にその通り。言葉には力があります」など、賛同のコメントが400件以上も寄せられました。

日本のことわざで言うなら、覆水盆に返らず。それを、娘にもわかるように歯磨き粉を使って伝えたエイミーさん。私たちも普段から、後悔しない「言葉使い」や「人への接し方」をしていきたいものですね。Licensed material used with permission by Amy Beth Gardner

関連記事リンク(外部サイト)

イタリア生まれの「見せる歯磨き粉」が日本初上陸
簡単&安全!自分でつくる「歯磨き粉」のレシピを大公開
200年以上も愛され続ける、英国王室御用達の「歯磨き粉」を使ってみたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP