ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外国語学習にツイッター活用!単語の使用例をツイートで学べるアプリ「tDict」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外国語を学習するとき、文法やスペルも大事だが、実際にどういうふうに使うかを学ぶことも欠かせない。

というのも、必ずしも単語の意味が辞書通りに使われていなかったり、あるいは前置詞などと組み合わせた口語的な使い方があったりする。

生きた外国語を学びたい。そう考えている人に、今回紹介したいのが「tDict」というアプリ。気になる単語の使用例としてネイティブによるツイートを紹介するというものだ。

・生きた例文

例えば、英語の「reimburse」という単語。「払い戻す」「弁償する」といった意味だ。

tDictでは「We’ll reimburse up to $50/day for lost bags」「they reimburse you for textbooks」などのツイートがピックアップされる。

例文があると、「この単語はこんなシーンで使える」といったことがわかる。

・英語以外の言語も

英文を例に挙げたが、このアプリ、他の外国語にも対応している。それぞれの言語による最新ツイートをピックアップするので、生きた外国語に接することができる。

加えて、気に入ったツイート文をアプリ内に保存することもできるので、折々に読み返すことで自分のものにできそう。

言葉は時代によって変わるもの。外国語学習に新聞や雑誌、映画などを使用するのと同様に、ツイートを活用するというのも有効な手段だろう。アプリのダウンロードは無料となっている。

tDict

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP