体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「バカ田大学」にコシノジュンコ、井筒和幸ら登壇 赤塚イズムを再発見

「バカ田大学」にコシノジュンコ、井筒和幸ら登壇 赤塚イズムを再発見
「赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学夏期講座」しりあがり寿さんの講義の様子
7月19日から開講中の「赤塚不二夫生誕80年企画 バカ田大学夏期講座」に、放送作家/脚本家の細川徹さん、江口寿史さん・田村信さん・大地丙太郎さんによるギャグユニット・E.T.T、映画監督の井筒和幸さん、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんが登壇する。

「バカ田大学」は、漫画家・赤塚不二夫さんの代表作『天才バカボン』に登場するバカボンのパパの名ゼリフ「これでいいのだ」に代表される「赤塚イズム」を再発見するための講義。

これまでに、アートディレクターの浅葉克己さん、漫画家のタナカカツキさんや、しりあがり寿さん、ジャーナリストの田原総一朗さんなどが登壇し、各界の著名人がそれぞれの解釈で「バカ」について解き明かしてきた。

細川徹さんは9月9日(金)、E.T.Tは9月13日(火)、井筒和幸さんは9月16日(金)、コシノジュンコさんは9月29日(木)にそれぞれ登壇予定。会場はポニーキャニオン本社の虎の門講堂となる(E.T.Tの講義のみ桑沢デザイン研究所)。

これまでの講義の様子は、ポニーキャニオンの動画配信チャンネル「ぽにちゃん」にて配信されている。

引用元

「バカ田大学」にコシノジュンコ、井筒和幸ら登壇 赤塚イズムを再発見

関連記事

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。