ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

米Verizon、LTE対応の薄型スマートフォン「Motorola Droid RAZR」を発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米VerizonがMotorolaの薄型LTEスマートフォン「Droid RAZR」を発売しました。Droid RAZRのVerizon直販価格は2年契約で$299.99。縛りなし価格は$649.99となっています。2011年11月11日発売だからなのか、Amazon WirelessはVerizonとの新規2年契約で$111.11で販売していたりします。Droid RAZR(XT912)のグローバル版「Motorola RAZR(XT910)」も最近発売されています。Verizon版はCDMA2000/LTEに対応し、グローバル版はGSM/WCDMAに対応します。MotoDevのスペックシートによると、Droid RAZRはGSM/WCDMAにも対応するとなっていますが、Verizonの公式サイトではCDMA2000とLTE(700MHz Band13なのでドコモのXiには非対応)のみ対応となっています。スペックは、Android 2.3.5(Gingerbread)、4.3インチqHDサイズのSuper AMOLEDディスプレイ、TI OMAP 4430 1.2GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に1080pフルHD動画を撮影可能な800万画素CMOSカメラ、前面に130万画素CMOSカメラ、1,780mAhバッテリー搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bleutooth 4.0、DLNAに対応します。PC上の音楽を端末にダウンロード/ストリーミングできる「MotoCast」アプリ、タスクの自動化と節電を支援する「Smart Action」アプリといった新機能がプッシュされています。Source : Verizon 


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ「REGZA Phone T-01D」の予約受付が本日開始
Mozilla、Android用Firefoxの新しいベータ版を公開、タブレット向けUIを提供
KDDI、シャープ製「AQUOS PHONE IS13SH」を11月18日に発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。