ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ターミネーターが出現する日も近い!? 人間そのものの歩き方をする二足歩行ロボット「PETMAN」(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111110PETMAN.JPG

ターミネーターが出現する日は、意外と近いかもしれませんよ?
先日、ホンダが開発している二足歩行のロボット「ASIMO(アシモ)」が、最新型を4年ぶりに発表して話題を呼びました。
さらにこの度、「リアルタイム人間シミュレータ」と「ロボット」を開発しているBoston Dynamics社が、現在開発中の二足歩行ロボット「PETMAN」の、人間と変わらないレベルの動きをする驚きの動画を公開しました。


 
Boston Dynamics社はMIT(マサチューセッツ工科大学)のレッグラボラトリーで、ホッピングロボットの研究していたMarc Reibert氏が設立した会社。過去に、ソニーデジタルクリーチャーラボと共同で「RunningAIBO」を開発した会社です。
このヒューマノイド・タイプのロボット「 PETMAN」は 、かかとで着地して爪先で蹴るという、より人間に近い歩行方式を採用し、その上で安定走行を可能としている、すごいロボットなんです。
なんと、蹴られても転ばずに立ち直るという、素晴らしいバランス性能を搭載していています。
以前のプロトタイプ(試作品)は、箱から足が生えただけの感があり、ちょっと気持ち悪い感じ(失礼?)がありましたが(下記動画):
今回は以前のものよりも、ぐっと人間に近くなり、リアルな歩行から、しゃがんで体をひねる片膝をつく、さらに腕立て伏せまで出来るんです。
この「PETMAN」は、もちろん(今のところは……)ターミネーターのような戦闘用のロボットではなく、アメリカの陸軍で用いられる化学防護服のテストに用いられるとのこと。
つまり私たち人間に替わって防護服を着込み、手足を動かし歩行することで、実使用に近い負荷を防護服にかけて、その耐久性をチェックするのが目的だそうです。
そのため「PETMAN」は、将来的には、リアルな動きだけでなくテスト状況に応じた体温・湿度・発汗 といった機能までもが与えられる予定だとか!
歩き方が人間そっくりになるだけでなく、人間のように温かくて汗もかいちゃうロボットって、なんだかちょっぴり怖い気もしますね。
「ターミネーター」とはいかないまでも、米軍の兵士の中に、ロボット兵が混じっているのが普通になる日も近いかもしれません。
Boston Dynamics
(アヤン)


(マイスピ)記事関連リンク
スターバックス公式サイトの『RED CUP STORIES』はFacebookやTwitterで協力し合ってメッセージを受け取る物語
夜空が曇っていても夜忙しくても大丈夫! 満月のアファメーションに役立つ癒しの動画『アファメーション〜満月』
[Androidアプリレビュー]アプリで笑顔に! 育児パパ&ママに捧げたい泣きグズりSTOPアプリ『タッチ!うごくうたえほん』(動画あり) #TABROID

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。