ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

A9、12周年記念ライヴにファン大熱狂&伝説的ニコ生番組『A9ちゃんねる』復活決定!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

8月24日に結成12周年を迎えたA9の記念ライヴが、8月28日新木場STUDIO COASTで開催された。
8月28日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)
本ライヴは『2004-2005 ONLY LIVE』と謳われ、結成から2年間に発表された楽曲のみで構成されると事前に告知されていた。その期待の高さからチケットは完全ソールドアウト! 当日券も無く、プレミアチケットと化した。しかも楽曲だけではなく、メイク・衣装に至るまで全て当時にタイムスリップしたかのような演出の中行なわれた。

開場時はステージに紗幕がかけられ、その全貌は明かされない。そんな中、2016年から2004年まで遡る演出のオープニング映像と共にライヴが幕を開く。映像の最後に1曲目のタイトルが現れると、「平成十七年七月七日」からライヴはスタート。演奏する曲自体は明かされていたため、曲順に対する期待が高まりながらライヴは進む。続いて2曲目「華一匁」は、彼らが初めてリリースしたCDに収録されていた楽曲だ。さらに、当時と同じくボーカルの将が振り付きのパフォーマンス行ない、ファンの熱はのっけから最高潮に。その後に演奏される曲も全てレア。6曲目には、音源化されていないライヴ限定のメンバー紹介楽曲「明治」を披露。本編最後は、「白夜ニ黒猫」「アゲハ」と続き、現在も煽りの定番曲として人気の高い「闇ニ散ル桜」で幕を閉じた。

アンコールでは、ファンへの感謝を込めたサプライズ演出として衣装を着替え、学生服でメンバーが登場。これにはファンも『本当に来てよかった』『まさかまた拝めるとは思っていなかった』と大満足。アンコール1曲目には「春夏秋冬」を披露し、MVの再現をした。続いて「銀の月 黒い星」を披露。一度ステージを後にしたが、ダブルアンコールに応え再び登場した。ボーカルの将は「12年間、本当に色々なことがありました。武道館だって、アリーナだって、東京ドームにだってみんなを連れて行きたいと思っています」とコメントし、12周年を迎えてなお、さらなる飛躍をファンに誓った。ラストはバンドで初めて作ったという曲「タイムマシン」で幕を閉じた。

終演後メンバーがステージを降りた後、スクリーンに「特報」の文字が映し出されると、5年間放送され惜しまれつつ終了したニコ生番組『A9ちゃんねる』の復活が発表された。12月24日(土)ディファ有明にて行われるクリスマスライヴ2部構成のうち、1部で行われるとのこと。さらに、2017年1月に行われるツアーも発表。『With Guest』の文字でさらなる発表を匂わせ、終了した。続報に期待して、楽しみに待とう。

Photo by intetsu

【ライヴ情報】
『WHITE Christmas Live with A9 CHANNEL』

12月24日(土) ディファ有明

Dress Code:WHITE

『Tour【BLACK PERIOD】』

2017年

1月12日(木) 名古屋CLUB QUATTRO

1月13日(金) 名古屋CLUB QUATTRO

1月19日(木) 渋谷CLUB QUATTRO

1月20日(金) 渋谷CLUB QUATTRO

1月26日(木) 梅田CLUB QUATTRO

1月27日(金) 梅田CLUB QUATTRO

Dress code:BLACK

With Guest

8月28日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)
8月28日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。