ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンゴのオシャレ集団“サプール”って知ってる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの平日20時からの番組「JAM THE WORLD」内のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。8月29日(月)のオンエアには、写真家の茶野邦雄さんが登場しました。

茶野さんは1959年、滋賀県生まれ。大学卒業後にフリーランスのフォトグラファーとして活動を始め、86年に渡米。その後、欧米各地で取材撮影を行い、帰国後は91年から沖縄に生活の拠点を移します。そして現在は、コンゴのオシャレ集団“サプール”を撮影した写真集が話題です。

“サプール”とは、アフリカのコンゴで生まれた、貧困国でありながらハイブランドのスーツに身を包み、街中を闊歩し、平和のメッセージを発信するオシャレ集団。実は90年以上の歴史があると言われています。

元々フランスの植民地だったコンゴ共和国、そしてベルギーの植民地だったコンゴ民主共和国と2つのコンゴがあるのですが、茶野さんがコンゴ共和国の方に渡り、撮影したものをまとめた写真集が『平和をまとった紳士達』。

茶野さんがサプールの存在を知ったのは、2年前の2014年だそう。イギリスのギネスビール社がヨーロッパ向けに発表した、サプールをモチーフにしたショートムービーとCM。茶野さんは沖縄でビール会社の広告を手がけているため、世界中のビールのCMなどをチェックしているそうで、「こんな人たちがいるんだ!というのを知って。こりゃ会いに行かなきゃと現地にすぐ飛んだんですよ」と、サプールとの出会いを教えてくれました。

小黒も「白いパラソルとかさして歩いているので驚きましたよね。衝撃ですよね」と語るサプールですが、茶野さんは何に驚かれたのでしょうか?

「やっぱりお金がないじゃないですか。世界最貧国の一つと言われているのに、こんなハイブランドのスーツを買って、ただ街を歩くだけなんですよね。それって変なおっさんでしょ? 『なんでこんなことしてるのかな?』っていうのがまず一番の疑問。どこからこのスーツを手に入れているんだろうと」

さらに、「彼らは平和のメッセージも発信しているのですが、そのメッセージがすごくシンプルで、『これはわかりやすいなあ』ということが魅力でした」と続けてくれました。

9月2日(金)まで、コンゴのオシャレ集団“サプール”の話をたっぷりと茶野さんに語っていただきます!

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP