ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016』日本大会決勝戦の優勝者が決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月27日、東京・六本木のニコファーレで『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016』の日本大会決勝戦が開催された。

それぞれの国と地域の激戦を勝ち抜いたアマチュアシンガーたちが集結するこのKWC。そのレベルは高く評価されており、世界中のカラオケファンが参加する大会だ。2015年は新たにアジア大会がインドネシアで開催され、シンガポールで行なわれた世界大会には31か国もの国と地域が参加した、まさに“カラオケ世界No.1決定戦”だ。

この日は、東京予選、大阪予選を勝ち抜いた20名(男性10名、女性10名)が参加。司会はIMALUとZiNEZが務め、ゲスト審査員として八王子Pも参加。会場には約150名のオーディエンスが訪れ、ニコ生では約1万5000人が視聴! フリースタイル・バスケットボールで世界一を獲得したこともあるZiNEZがパフォーマンスを披露して会場を大いに盛り上げる場面も見られた。

そして、予選を勝ち抜いた実力者揃いの決勝大会で見事優勝の栄冠を掴んだのは、男性では清水翔太 feat 仲宗根泉(HY)の「366日」を歌った海藏亮太(かいぞうりょうた)さん、女性では山口ひろみの「知床番屋」を歌った辻本希(つじもとのぞみ)さんの二人。

本大会優勝者は9月26日(月)~9月28日(水)に中国のマカオで開催されるアジア大会、そして11月1日(火)~11月6日(日)にカナダのバンクーバで開催される世界大会に出場する。世界的に注目を集めるこの大会にぜひ注目してほしい。

【コメント】
■海藏亮太さんコメント

正直はじめは信じられませんでした。名前を呼ばれたときは何が起こったのか分からなくて、頭が真っ白になったのを覚えています。

今は選ばれて素直に嬉しいという気持ちと、何より感謝の気持ちでいっぱいです。

アジア大会や世界大会では各国の代表の方が国を背負って戦うと伺いました。僕も日本代表として、恥のないように、いい結果が出せるようにもっともっと歌に向き合おうと思います。そして「自分らしい」パフォーマンスが出来るように精進します。そして身長だけでなく、歌でも目立てるように頑張りますので応援よろしくお願いいたします!

■辻本希さんコメント

まさか日本代表に選ばれると思ってなかったので、エントリーナンバーが呼ばれた時は夢かと思って一瞬ぼけーっとしてしまいました。名前が呼ばれてやっと実感しました。

びっくりしたのと同時に嬉しさから涙が込み上げてきました。ほんとに幸せです。

アジア大会では日本の勝負服と日本ならではの選曲をして、全面に日本を強調して歌唱、パフォーマンスに磨きをかけて大会に臨みたいと思います。また応援してくださる皆様にも良いご報告ができるように精一杯頑張りたいと思います。






カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP