ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TK from 凛として時雨、“白”を基調としたアルバム「white noise」アートワーク公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月28日にリリースされる、TK from 凛として時雨の3rdアルバム「white noise」の詳細が明らかとなった。

ミニアルバム「Secret Sensation」、シングル「Signal」に続き、今作もアートワーク、デザインをデザイナー・永戸鉄也が手掛けており、タイトルを連想させる“白”を基調とした美しいジャケットカバーとなっている。

CDには、すでに発表されているミニアルバムのリード曲にもなった「Secret Sensation」に加えて、同タイトルにも収録されている「like there is tomorrow」をライブでのサポートも務めるベーシスト・TOKIEを迎えてレコーディングを行ったアルバムバージョン。さらに、リードシングルとして9月7日にリリースとなる「Signal」を収録。

そして、かねてからライブでのみ披露されていたピアノ弾き語り楽曲で、今作の制作にあたり河野圭によるピアノとストリンスグアレンジメントを加えた「罪の宝石」に未発表の新曲6曲加えた、全10曲が収録される。

また、数量限定の初回生産限定豪華盤に加え、初回生産限定盤、通常盤という3タイプが用意となる旨がアナウンスされていたが、その仕様も明らかになった。

初回生産限定豪華盤の特典Blu-ray、さらに初回生産限定盤のDVDには今年4月16日にTokyo Dome City Hallで行われた「TK from 凛として時雨 TOUR 2016 ”Secret Sensation”」のファイナル公演から大ヒット曲「unravel」を含むライブ映像5曲を収録。

さらに数量限定の豪華盤は、「Best of Tornado」同様の大型パッケージとなっており、TKがチェコで撮影を行った写真と、それをもとに永戸鉄也によって制作されたグラフィックデザイン、フォトグラファー・アミタマリによって撮り下ろされたTKのポートレート、そして前述のツアーファイナルのライブ写真を収めた60ページにおよぶアートブック仕様となる。

なお、リードシングルとなる「Signal」とのダブル購入者キャンペーンも決定しており、このキャンペーンに参加するための応募ハガキも初回生産分には3形態とも封入となる。

リリース情報

3rdアルバム「white noise」
2016年9月28日発売
初回生産限定豪華盤(CD+Blu-ray)AICL-3170〜1 5,000円+税
※数量限定/大型パッケージ。60ページに及ぶアートブック仕様
初回生産限定盤(CD+DVD)AICL-3172〜3 3,600円+税
※デジパック仕様
通常盤(CD)AICL-3174 3,000円+税
※共に初回仕様のみ:シングル「Signal」とのダブル購入者キャンペーン応募ハガキ封入
<CD>
1. Signal
2. Wonder Palette
3. dead end complex
4. Addictive Dancer
5. white out
6. Secret Sensation
7. Showcase Reflection
8. like there is tomorrow (album version)
9. 罪の宝石
10. invalid phrase
<Blu-ray / DVD>
「TK from 凛として時雨 TOUR 2016 “Secret Sensation”」
1. Secret Sensation
2. Crazy Tampern
3. unravel
4. Fantastic Magic
5. like there is tomorrow

2ndシングル「Signal」
2016年9月7発売

通常盤 AICL-3152 1,200円+税

(c)91Days
期間生産限定盤 AICL-3153 1,300円+税
※期間生産限定盤は「91Days」アニメ絵柄スペシャルパッケージ/「Signal」TV edit収録
※共に初回仕様のみ:アルバム「white noise」とのダブル購入者キャンペーン応募券

関連リンク

凛として時雨 オフィシャルサイトhttp://www.sigure.jp/(PC、スマホ、携帯共通)
凛として時雨 YouTube Official Channelhttp://www.youtube.com/sigureSMEJ
凛として時雨 オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/sigure.official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP