体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【もう板バサミにならない!】意見の違う双方を「まるく収める」方法とは

【もう板バサミにならない!】意見の違う双方を「まるく収める」方法とは

社会に出ると、2つの違う意見が出て、その板バサミになることはよくあります。どちらかに味方をするともう一方を不快にさせてしまったり…。もちろん両者に納得してもらうのが一番ですが、対立した2人の気持ちをなだめるのは、難しいものです。

その解決法は、伝説の元ANA CAマネージャー加藤アカネさんの著書『言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』にありました。

VIP担当として様々な相手を対応してきた彼女の経験から、「うまく相手を誘導する話し方」を学びましょう。

01.
泣き叫ぶ赤ちゃんとクレームをつけるおじさん。さて、どうする?

【もう板バサミにならない!】意見の違う双方を「まるく収める」方法とは

NGワード:「お静かにお願いします」

どう対応すればいいのか、とても悩ましい状況。とくに飛行機は他の公共交通機関と違って、長時間密閉された空間にいるため、泣きやまそうとする親も、泣き声を聞き続けなければいけない人も、どちらもつらい思いをしています。

そんな「板バサミ」のときには、双方にこんな声かけをします。泣き叫ぶ赤ちゃんの親には、「飛行機は初めてですか?もしかしたら気圧差でお耳が痛いのかもしれませんね」などの声をかけ、おもちゃや絵本を差し上げることで「大丈夫です。いつでもお手伝いできます」と言葉・行動の両方で示してあげます。

怒っている男性には「申し訳ございません。ただいまご様子を伺って、できることがないか確認してまいります」と言って、怒りを少しでも和らげるよう配慮します。

双方の思いを受け止めて対応することが、他の人たちへの安心感にも繋がります。

02.
意見が違う部下2人。やる気をそがずに仕事をしてもらう方法

【もう板バサミにならない!】意見の違う双方を「まるく収める」方法とは

NGワード:「大人なんだから、細かいことは気にするな」

熱心な意見交換はサービスの向上になりますが、違う意見同士が過度にぶつかると関係性が悪くなることもあります。

意見が衝突してこじれた場合、「大人なんだから、細かいことは気にするな」という言い方で両者に説教をするのはNGです。そうではなく、お互いが歩み寄れるように橋渡しをしてあげましょう。

例えば、部下Aさんが「Bさんはひどい」と愚痴っていたら「でもBさんはAさんのこと評価していたよ。期待の裏返しじゃない?」と伝え、部下Bさんが「Aさんって仕事は熱心に取り組んでるけど、やり方が効率的じゃない」と言っていたら「でも、AさんはBさんのこと仕事熱心だって感心していたよ」と、伝えます。

そういう繰り返しから、両者の気持ちがほぐれて2人の心の距離は近づくのです。

また、褒めるときのNGワードがあります。「ただ」「でも」「しかし」「けど」「ですが」は、褒め言葉のあとに付けないように気をつけましょう。

「素晴らしいね。でも、もっと言うと…」のように続けてしまうと、「あ、注意したかったから褒めたのか」と思われてしまいます。

おすすめなのは「さらに」「ますます」「もう一段」などのポジティブな言葉。問題点を指摘しつつも、「素晴らしいところ」を下げないのがポイントです。

03.
間違っている上司と的確な上司。
どちらも立てる方法

【もう板バサミにならない!】意見の違う双方を「まるく収める」方法とは
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。