ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VMAsでリアーナにキスを拒否られたドレイク、舞台裏での失態も明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月28日に開催された【MTVビデオ・ミュージック・アワード2016】にて、ビデオ・ヴァンガード賞を受賞したリアーナのプレゼンターを務めたのはドレイクだった。ドレイクは「22歳の時から彼女に恋している。世界一のベストフレンドだ」と愛のこもったスピーチで観衆の喝采を浴びたものの、リアーナ本人は目を大きくするだけだった。そしてリアーナは、おそらく唇にキスしようとして身を寄せたドレイクを、優しくハグしてかわしていた。

 しかしその舞台裏でも、最終的に授賞式で失敗をこうむることになるドレイクにとって、さらに気まずい事態が起きていたようだ。リアーナのふんわりしたドレスの長い裾を踏んでしまったのだ。ゴシップ・ニュース・サイト“Just Jared”の報道をみると、ドレイクにドレスを踏まれたリアーナは声をあげ、それをごまかすためドレイクは少し飛び跳ねながら小走りし、何事も無かったかのように歩き始めている。

 MTVスタッフのサンドラ・ジェイがその時の様子を撮影しており、インスタグラムに同映像を投稿している。

◎sandra_jay インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BJrcB64jm4-/

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイク&リアーナ、闘病中に出会った少女の死を哀悼
ドレイクの米ソングチャート制覇続く、リアーナはプレスリーと並ぶ記録樹立
リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP