ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

C&K、15,000人動員の野外ワンマンで新曲「ヒカリトカゲ」初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

C&K、15,000人動員の野外ワンマンで新曲「ヒカリトカゲ」初披露

C&Kが、8月27日に海の中道海浜公園 野外劇場でワンマンライブ「地元です。地元じゃなくても、地元です。今度は野外でワンマンです。in 海の中道海浜公園」を開催。C&K史上最大規模となる15,000万人を動員した。

オープニングSEが始まるとダンサーが登場し、1曲目「C&K Ⅸ」でライブがスタート。続いてNatural Radio Stationがゲストで登場し「to di bone」を披露し「へべれけ宣言」「梅雨明け宣言」と立て続けにアッパーチューンを連発し会場に集まった15,000人のテンションを一気に引き上げる。

「今日集まってくれた皆さんありがとうございます。海の中道でのライブ。これが紅白への近道になるのではということでやらせてもらってます。」というCLIEVYのメッセージから「みんなのうた」「歩き出せ」を届けた。

ライブ転換後からはバンド「AKB average 55」と共にバンドセットとなる。「パーティ☆キング」「DANCE☆MAN(WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)」等のアッパーチューンもAKB average 55との演奏でグルーヴィーでファンキーなアレンジとなっている。

「今回のライブに向けて色んな時間を過ごして思ったことは、これは伝えたいという気持ちがあるならば、それをしっかりしっかり言葉として伝える事で、熱さと気持ちがストレートに伝って、言った人の覚悟にもなったり、聞いた人がそこから自分の言葉を作ったりするのかなと思いました。」と観客に語りかけ「キミノ言葉デ」を披露。

観客が聴き込む中「MENDOKUSE」ではメンバー2人が台の上に乗った自転車にまたがり会場を回りながらのパフォーマンスで一気に熱気が高まる。その後未発表曲「ワタタリカ」を披露し、「今日はこの海の中道に1人1つしかないドラマを持ってきてくれてありがとう。こんなにたくさんの人と同じ時間、そして全く違うドラマが交差する素敵な時間を共有出来て嬉しく思います。」とファンに感謝を伝え本編ラストナンバーを「終わりなき輪舞曲」で締めくくった。

アンコールの声に迎えられてステージに戻った2人は「みかんハート」を披露。そして「光が強ければ強いほど、伸びていく影は濃くなって、そして長くなって。気持ちの面でも待ち望めば望むほど、そういう思いが強ければ強いほどそのようになるなと思って作った歌です。」と語り10月26日に発売となる新曲「ヒカリトカゲ」を本邦初披露。この楽曲は音楽プロデューサー・本間昭光氏を迎えての作品となっている。

そこから「踊LOCCA〜around the world 新たなる冒険〜」では観客が次々に肩を組み、あちらこちらにサークルが出来上がり、15,000人が1つとなった。

そして「今日海の中道に集まってくれた皆さんありがとう。そして皆さんを見守ってくれているご先祖様ありがとう。本当にたくさんの人にありがとう。」とメッセージのもと「愛を浴びて、僕がいる」でダンサー全員、会場全員を巻き込んだ「ララララ」の大合唱を起こし花火が打ち上がりライブは終了した。

ライブ終了後には「ヒカリトカゲ」に収録される新曲「8月28日」にのせて、今回の「海の中道」でのライブに向けたリハーサルの映像などが流れる。メンバーのこのライブへの思いが観客へ伝わったなかライブは幕を閉じた。

Photo by 鳥居 洋介・三浦知也

<セットリスト>
1.C&K Ⅸ
2.to di bone〜FUKUOKA WALKER
3.へべれけ宣言
4.SORRY SORRY
5.milky way
6.梅雨明け宣言
7.ジェニファー何度もあなたに恋をする
8.JOY A LIFE
9.ハレルヤ feat.Metis
10.みんなのうた
11.歩きだせ
12.OPENING
13.EVRYBODY
14.パーティ☆キング
15.DANCE☆MAN(WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)
16.カモメ
17.キミノ言葉デ
18.BYE BYE BOO
19.In the Mood
20.MENDOKUSE
21.王様ゲーム
22.ワタタリカ(未発表曲)
23.終わりなき輪舞曲
24.みかんハート
25.ヒカリトカゲ(10月26日発売シングル)
26.Sun Sun Sound
27.踊LOCCA〜around the world 新たなる冒険〜
28.愛を浴びて僕がいる

関連リンク

C&K オフィシャルサイトhttp://c-and-k.info/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。