体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イ・ジェジン(from FTISLAND)、初のソロ・ファンミーティングを開催

イ・ジェジン(from FTISLAND)、初のソロ・ファンミーティングを開催

Photo by 川嶋謙吾
韓国デビュー10周年を来年に控えるロックバンドFTISLANDのベース&ボーカル、イ・ジェジンが「イ・ジェジン(from FTISLAND)1st Solo Fan Meeting in Japan-眞様(JIN SUMMER)-」を開催した。

8月28日、東京・中野サンプラザにて昼夜の公演を通して約4400人のファンとともに、楽しい夏の思い出を作り上げた。「一番伝えたいことを、最初に見せたかった」という本人の思いから、公演はキーボード、ドラム、ベース、ギター、サックスで構成されたバンドを従えてのライブパフォーマンスから始まった。オープニングを飾った曲は、2009年に発表されたイ・ジェジン、チェ・ミンファン(Dr)、チェ・ジョンフン(Gt, Key)からなるユニット・FT.tripleの「Love Letter」と「Far away」。のっけから懐かしい楽曲で会場を歓喜させたが、その選曲の裏には「僕がメインボーカルとして参加した意味の深い曲を、“初”のソロファンミーティングで歌いたかった」という強い思いが込められていた。

Photo by 川嶋謙吾
続いて「いつもならベースをやってくださっている方の場所にいる僕が、ステージのセンターに立っているのが少し不安で恥ずかしい」と優しい目を細めて語るなど緊張している様子を見せながら、My Little Loverの「Hello Again ~昔からある場所~」、寝る前に何度も聞き込んだといういきものがかりの「SAKURA」、ブライアン・マックナイトの「Back at One」を歌唱。目を瞑りながら全身全霊で切々と歌い上げる姿と、力強くも優しい歌声が、聴き入るオーディエンスの胸を打った。

ラストソングとなったのは、韓国内で80年代を代表するロックバンドの一つに数えられるドゥルグクファ(野菊)の名曲「心配しないで、あなた」。幾つもの変化があったという近年、「何を伝えるアーティストになりたいのか」を考えるようになったと話すジェジンに「手紙のように丁寧に、愛を込めて感情を伝えていく」という明確な目標を与え、「アーティスト、そして、人として自分が生きていく上での“核”となるものを決定付けてくれた」というほど大きな影響を及ぼした曲が、伝えたいメッセージを大切にして展開されたライブの最後に添えられた。

Photo by 川嶋謙吾
全6曲を歌い終えた後には、ファンミーティングならではのコーナーが続々登場。「JIN様STORY」では、眞様が誕生した1991年12月17日を出発点に、歌う喜びを知り、発声方法を変えるきっかけになったという初のミュージカル出演作「ソナギ(夕立ち)」(’09)や、日本活動の軌跡など、人生のターニングポイントとなった出来事を写真とともに振り返った。その合間にメンバーからのサプライズのインタビュー映像が流されると、スンヒョンの口から初めて聞いたという「愛してます」、ジョンフンの「頼りになるサブリーダー」、ミンファンの「今は本物のメンバーになった」発言や、他のメンバーよりも4倍も長いホンギからの寝起き長文メッセージに一喜一憂する場面もあった。

さらに昼公演では昼夜逆転しているベーシスト「眞様の1日=24時間」が円グラフで詳細に解説され、夜公演の「眞様の脳内メーカー」では、“美容”“練習”“お金”“想像”“家族”“未来”“女性、恋愛”“人生”など、普段頭の中を占めている項目が明らかに。今や家長である彼のお金の使い方の持論や、10年後にはメンバーとプール付きの大きな船で世界を回りながらライブをしたいという野望、今は熱く燃えるような恋愛よりも信じられる人とゆっくりと育むことのできる愛の方がいいという願望を率直に語った。誠実さと思慮深い性格が言葉の端々に窺えるトークタイムが終了すると待っていたのは、“以心伝心!?ジェスチャーゲーム”。「かき氷を食べるゴリラ」「可愛いタンクトップ」「スイカを割る猫」「うなぎのはちまき」などの夏のキーワードが入れられた難題のジェスチャーを必死に試みて、会場を沸かせた。

Photo by 川嶋謙吾
この日の試練はこれだけでは終わらず、続くコーナーは、“中野サンプラザ限定 夏季特別ショートドラマ『Jin summer』を一緒に演じよう!”。ここでは「二人っきりの花火大会」「二人っきりの海水浴」「かき氷バトル」「恋はウォータースライダー」といった手繋ぎや突然の告白がストーリーに盛り込まれたトキメキ必至のシチュエーションのお題が出され、高校生、フリーター、海の家の店長などの細い人物設定のもと、ジェジンと抽選で選ばれたファンたちが共演。「『好き』っていうのが恥ずかしかった!」と後で感想を漏らしていたジェジンだが、本番では照れる相手をさりげなくリードしながら熱演を繰り広げ、会場中を爆笑の渦に包み込んだ。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。