ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

45歳の最年長ラガーマン・伊藤剛臣が現役復帰を決意するまで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラグビーファンならずとも、新日鐵釜石ラグビー部の名は聞いたことがあるに違いない。地元出身の高卒選手を中心とする「雑草集団」でありながら、獲得した全国タイトルは歴代最多の26。日本選手権で前人未到の7連覇(1979~1985年)を果たした伝説のチームだ。彼らは「北の鉄人」と呼ばれ、岩手県釜石市の山間にある松倉グラウンドで、おのれの心技体を磨いた。

 この北の大地に、かつての伝説を復活せんと奮闘する男がいる。現役最年長ラガーマン、伊藤剛臣、45歳だ。新日鐵釜石の流れをくむクラブチーム、釜石シーウェイブス(トップイーストリーグ1部)のフォワードである。

「先日、トヨタや東芝と練習試合をしたんですが、向こうのヘッドコーチもスタッフも、皆僕より年下でした(笑い)。まあ釜石でも、コーチは全員年下なんですが……」

 笑いながらこう話す伊藤だが、相手とぶつかり合う接触スポーツのラグビーでは、30代半ばを過ぎて現役であることは希だ。伊藤と同世代の仲間は現役を退き、多くは指導者となった。

 伊藤は、一時代を築き上げたレジェンドのひとりだ。日本代表のキャップ(国際試合出場数)は62を数え、ワールドカップには2度出場。法政大学時代には大学日本一を達成。神戸製鋼コベルコスティーラーズでは、日本選手権7連覇など中心選手として活躍した。

 そして40歳の2012年2月、伊藤は神戸製鋼から契約終了を告げられる。会社はそれまでの功労に対し、再就職先も用意した。妻と娘を養う身としては、ありがたい話だった。神戸で選手を終えるつもりだった伊藤は引退を承諾し、マスコミにも発表された。

「でも、どこかで納得していなかったんでしょうね。高校から始め、25年間、ラグビーに生きてきたわけですから。自分はラグビー馬鹿です。そんな男が、ラグビーを手放していいのかと」

 そんな折、日本代表で一緒だった吉田尚史(現・東洋大学ヘッドコーチ)から1本の電話が入る。

「ラグビー仲間と酒を飲んでいてタケさん(伊藤)の引退話になって。それで酔った勢いで電話したら、あの底抜けに明るいタケさんが沈んでいる。だったら釜石で一緒にやろうよ、と声をかけたんです」(吉田)

 吉田は東日本大震災があった2011年に釜石シーウェイブスに移籍し、被害を目の当たりにしていた。「震災で釜石は打撃を受けたけど、ラグビーで町を復興させようと頑張っている」。吉田のこの言葉は、伊藤のかつての記憶に重なった。

「僕が神戸製鋼に入団した1994年のシーズンに、神戸は釜石以来となる日本選手権7連覇を達成します。決勝戦があったのは1995年1月15日。V7の戦士の一員になれたわけですから、嬉しかったですよ。でもその2日後、阪神・淡路大震災に襲われたんです」

 神戸製鋼のグラウンドは液状化。チームの廃部も噂された。だが、自分たちのラグビーで神戸を勇気づけようと伊藤らは奮闘。震災から5年後、神戸製鋼は日本一に返り咲く。日本一のチームの中心にいたのは伊藤だ。

「あの時は、日本中のたくさんの人たちに助けてもらいました。そのお陰で、今の自分がある。だったらその時の恩を釜石で返したい。そう思ったんです」

 伊藤の心中に、再び火が点った。伊藤は早速、釜石シーウェイブス首脳部の桜庭吉彦(現・釜石GM)に電話を入れた。桜庭は伊藤にとって、日本代表で同部屋になったこともある先輩だった。だが答えはNO。40歳を過ぎた選手を受け入れるのは、チームにとってリスクが高かった。

「吉田に電話で結果を報告したら、『出前じゃないんですから、電話じゃだめですよ。釜石に足を運んで実際のプレーを見てもらわないと』って言われて。僕は単純な男ですからね、『その通りだ!』ってひとり盛り上がって、また桜庭さんに電話したんです。それでトライアウトを受けさせてもらえることになったんです」

 すでに引退表明から1か月以上経っていた。トライアウトを受けるなら、ベストの自分をぶつけたい。伊藤は、神戸の街をひたすら走り、体を絞った。

「芦屋川沿いを走ったんですが、そこの桜が奇麗でしてね。4月生まれの花見好き、酒好きのこの僕が、桜を見ても心が躍らない。せつない日々でした。たったひとりの戦いです」

 そして4月末のトライアウト。伊藤は松倉グラウンドに立ち、驚愕の数字を叩き出す。フィットネスでチーム1位となったのだ。

「他の選手は体力テストだと思って受けてますが、こっちは、生きるため、食うためにやりましたから(笑い)」

 晴れて入団した伊藤の活躍は、目覚ましかった。ロック(FW)のレギュラーとして体を張り続け、その年のチームはトップイーストリーグ1部3位。翌年から3位、2位、2位と順位を上げ、今年が5年目のシーズンだ。

◆いとう・たけおみ:1971年生まれ。東京都出身。法政二高でラグビーを始め、法政大学を経て神戸製鋼(コベルコスティーラーズ)に入社。1994年度の日本選手権7連覇、1999年・2000年度の日本選手権優勝など主力選手としてチームに貢献。24歳から日本代表に選ばれ、キャップ数は62を数え、1999年、2003年にW杯出場。2012年、神戸製鋼を退団してトップイーストの釜石シーウェイブスに入団。9月10日に開幕する今シーズン、トップリーグ昇格を目指す。

撮影■渡辺利博 取材・文■角山祥道

※週刊ポスト2016年9月9日号

【関連記事】
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
釜石ラグビー選手 「いつから練習?」と被災者に言われ発奮
サクラセブンズ桑井亜乃「必殺タックルを目に焼き付けて」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。