体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

背中ニキビ…。が気にならなくなる食材

治ったと思ったらまた出てくる、忌々しい背中ニキビ。

背中の凸凹に触れるたびに憂鬱な気分にさせられていました。

でも、ある食材の摂取を控えたところ、背中のニキビがおさまっていったんです。

乳製品を減らしたらニキビも消えた

控えたのは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品

これまでは「健康によさそうだから」という理由でよく乳製品を摂取していた私。まずは毎朝カフェオレに入れていた牛乳を豆乳に変えることから始め、乳製品の摂取頻度を減らしてみました。

すると、それまで月に一回は発生していた赤い巨大なニキビが、みごとに姿を消したのです。

ホルモンバランスの変化が原因かも

というのも、乳製品には良い面もありますが

・ 現代の牛乳はホルモンを大量に含む「妊娠した牛の乳」である
・ 乳製品のホルモンが体内のホルモンバランスを刺激する
・ 脂肪カット乳製品は男性ホルモン優位になっている
・ 自覚のないレベルでの乳製品アレルギーの人は多い

といった説もあるとのこと。

つまり、乳製品によって引き起こされるホルモンバランスの変化によって、ニキビが引き起こされている可能性があるのです。

「肌に良いから」と盲信しない

乳製品を減らすことがニキビに効いたのはあくまで私の場合ですが、大切なのは「肌に良いから」と盲信するのではなく、それにともなうリスクの可能性を意識すること。

この意識は、美肌だけじゃなくダイエットにもつながります。

写真/Sutterstock  文/加藤ミイ

■ あわせて読みたい

楽しさの裏に涙あり。夏満喫しすぎて失敗しちゃったエピソード
24歳の高畑充希さんが始めてるエイジングケアを聞いてきた
毛穴にふた。ピタッと密着してメイク崩れを防ぐ秋コスメ
私の未来を妄想。稼いでるの? 成長してるの? #心理テストまとめ
ポイントをリップにおくなら、うるおってないと
女優の肌のつくり方。加工アプリに頼らない人生はじまる
ファンデはブラシ塗りで、素肌感出す。毛穴はなかったことに

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。