ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドウェイン・ジョンソン、「世界で最も稼いだ男優」に選ばれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドウェイン・ジョンソンが、フォーブス誌による「最も稼いだ男優」のリストで大躍進している。

ジョンソンは、2015年の6月から2016年の6月までに6450万ドルを稼ぎ、昨年の倍額以上を稼いだほか、3年連続で頂点に君臨してきたロバート・ダウニー・Jrを引きずりおろした。ジョンソンの収入の大部分は、映画『ワイルド・スピード』シリーズ、ディザスター映画『カリフォルニア・ダウン』、米テレビ局HBOのテレビシリーズ『Ballers(原題)』、そして、『ワイルド・スピード』第8弾、映画『Baywatch(原題)』から発生している。

ジョンソンは昨年、およそ3100万ドルを稼ぎ11位だった。

ジョンソンは、1位に輝いたことについて、「これについて言いたいことが2つある。僕は時給7ドルでスタートした。僕が乗り越えられるなら、君にもできる。ワッフル・ハウスをおごるよ!」と、ツイートした。


ダウニー・Jrは、3300万ドルで8位に後退し、インドの俳優シャー・ルク・カーンと並んでいる。

ジャッキー・チェンは、中国での大ヒットによって6100万ドルを稼ぎ2位に返り咲いた。マット・デイモンは、映画『オデッセイ』の成功により、5500万ドルを稼いだ。5300万ドルのトム・クルーズ、4800万ドルのジョニー・デップは、トップ5から陥落した。

ジョンソンは、「最も稼いだ女優」としてトップに輝いたジェニファー・ローレンスより、2000万ドル多く稼いだ。映画『ハンガー・ゲーム』シリーズのヒロインを演じたローレンスは、フォーブス誌の「最も稼いだ女優」」リストで4600万ドル、つまりジョンソンの72%にあたる額でトップを獲得した。ローレンスは、男女含めたリストで6番目に付け(次点はベン・アフレックの4300万ドル)、昨年にローレンスが糾弾するエッセイを書いた、ハリウッドに絶えず存在する男女間の賃金ギャップを強調することとなった。

トップ10の男優は平均4570万ドルを稼いでおり、2050万ドルの女優の倍以上を稼いでいる。さらに、18人の男優が2000万ドル以上を稼いでいるのに対して、同額を稼ぐ女優は4人しかいない。

また、リストは、40歳以上の女優が同年代の男優よりも稼ぎが低いことを示している。事実として、最も稼ぐ俳優の95%は40歳以上だが、女優の割合はその半分以下だ。双方のリストでは、26歳のローレンスが最年少で、ハリソン・フォードが最年長となっている。

「最も稼いだ男優20人」のリストは以下。

1.ドウェイン・ジョンソン―6450万ドル
2.ジャッキー・チェン―6100万ドル
3.マット・デイモン―5500万ドル
4.トム・クルーズ―5300万ドル
5.ジョニー・デップ―4800万ドル
6.ベン・アフレック―4300万ドル
7.ヴィン・ディーゼル―3500万ドル
8.シャー・ルク・カーン―3300万ドル
9.ロバート・ダウニー・Jr―3300万ドル
10.アクシャイ・クマール—3150万ドル
11.ブラッド・ピット—3150万ドル
12.アダム・サンドラー―3000万ドル
13・マーク・ウォールバーグ―3000万ドル
14.サルマン・カーン―2850万ドル
15.レオナルド・ディカプリオー2700万ドル
16.クリス・プラット―2600万ドル
17.ウィル・スミス―2050万ドル
18.アミターブ・バッチャンー2000万ドル
19.マシュー・マコノヒー―1800万ドル
20.ハリソン・フォード―1500万ドル

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP