ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【教えてブラックダイヤモンド! ⑤】「LINEでの告白ってアリですか? ナシですか?」(会社員/29歳/男性)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Twitter、FacebookにLINE。ケータイやスマホによるSNSコミュニケーションの悩みをちょいと黒めのギャルユニット「ブラックダイヤモンド」が一発解決!

第5回は、「好きな女子へのLINEでの告白はアリか、ナシか?」の相談。答えてくれるのは(写真左から)「はるたむ」(22歳)、「ぽみたん」(25歳)、「あゆゆん」(26歳)、「みるくす」(22歳)の4人。いずれも、ギャルには必須のコミュニケーション術と恋愛術に長けた選抜メンバー。彼女たちの口から、どんな本音が飛び出すことやら・・・・・・。

articleTalkThumbs[‘P’] = ‘img003.png';
articleTalkThumbs[‘H’] = ‘img001.png';
articleTalkThumbs[‘A’] = ‘img004.png';
articleTalkThumbs[‘M’] = ‘img002.png';

LINEで匂わせてから、直接会うか電話で告白するならアリ

――これだけ普及している連絡ツールだから、LINEでの告白もOKかなと思ったんですけど・・・・・・。直接会って告白とか緊張してムリっぽいです。

H「うーん、でもLINEはイヤかも。」

P「イヤだね。直接言われるのがいちばんいいけど、ダメならせめて電話かな。」

A「いきなりは緊張するなら、LINEで匂わせといて、本題は電話か直接会ってから言うのは?」

――それなら少しハードル下がるけど、どうやって匂わせるんですか?

M「LINEで「いまなにしてる?」「家でゆっくりしてるよ」「ちょっと話があるんだけど、電話しても大丈夫?」「大丈夫だよ」っていう流れで電話する。それか、実際に会う約束をする。」

P「私的には、相手に好きっていう気持ちを伝えるだけだったら告白じゃないって思うんだよね。だから「好きになっちゃった」だけならLINEでもアリ。でも、「付き合おう」まで言うんだったら、やっぱり会って直接言われたい。」

――あぁ、なるほど。女子的にはそこに線引きがあるんですか。。。

A「文章だけだと、相手がどういうモチベーションで言ってるのかとか、感情がわからないから、こっちも不安だよね。中学生とかならいいけど。大人ならちゃんと会って目を見て言おうよ。」

M「とにかく、LINE告白はナシ。挨拶できない男みたいな印象になる(笑)。」

P「遠くに住んでるならまだわかるけど、会える距離なら会えばいいじゃんって。」

最悪、「こんなの来たんだけど」ってさらされてる可能性がある

――LINE告白は完全にダメ出しされましたけど、でも文章として残るからいいんじゃないかって気もするんですよね。あと、LINEボイスとか。

M「LINEだと最悪爆笑されてるよね。「こんなの来たんだけど」ってさらされてる可能性がある。」

A「飲み会でみんなに見せたりとか。」

M「ボイスとかもっと恥ずかしいから(笑)。前に告白ゲームって流行ったでしょ。異性に片っぱしから「好きです、付き合ってください」みたいなのを送るやつ。」

P「何人からOKもらえるかみたいな。チャラ男がやってて、すげーチャラいなって思った。」

――チャラ男の極みですね。正直、そのメンタルの強さにあこがれます。

M「そういうのもあってさ、LINE告白は嘘っぽいし警戒する。なんか、ノリで言ってんのかなって。」

P「酔っ払って送るのとかも最悪。「好きです」「私もだよ」ってなったのに、次の日「ごめん、酔っ払って送っちゃった」とか言われるとマジで傷付くから。真剣に思ってるんだったら、やっぱり会って言った方がいい。」

けじめをつけたい時の別れ話はLINEでもいいと思う

――やっぱりLINE告白はナシですか・・・・・・。

M「LINE告白はないけど、別れ話ならLINEはわりとある(笑)。」

A「こっちから別れたい場合は、直接言うのが申し訳なくて。」

M「私、文章を考えるのが苦手だから、別れ文句を友達に考えてもらったりする。」

H「この人といっしょにいても意味ないと思ったら、自分の中でいろいろ考えてから「好きじゃなくなった」とか「いっしょにいたくない」とかLINEで送る。」

――うわ、キツイですね・・・・・・。でも、そっちの方が相手にとってもいいかも。

M「直接会うと別れられない可能性があるし。名残惜しくなるっていうか。」

――なんか皆さんの話を聞いてたら、やっぱり直接会って告白する方がいいような気がしてきました。ちなみに奇跡が起こって上手くいったあとって、LINEでどんなやり取りすればいいんですかね。

M「私は長文がいい。いちゃいちゃモードで(笑)。」

A「付き合う前とは違う感じにしてほしい。あんまり変わらなさすぎると、ほんとに付き合ってんのかなって不安になる。」

――いちゃいちゃモードって、ちょっと絵文字を多くするとか?

H「いや、逆にそんなに仲良くない人の方が絵文字って多いんだよ。付き合ってる人にはそういうのいらないし。フツーのテンションで、「好きだよ」とか言われたい。」

P「でもさ、いちゃいちゃ過ぎると、別れた時にさらされるかもしれないから要注意じゃない?(笑)。」

――いやいや、そんなひどいことしないでしょ、フツー。

H「わかってないね。」

P「うん、全然わかってない。」

M「女をわかってないからフラれるんじゃない?」

――・・・・・・はい。

「LINE告白はナシ」と口を揃えておっしゃるブラックダイヤモンドの4人。いくら手軽なツールとはいえ、やはり一大イベントである告白は直接会ってした方がよさそうです。あと、「さらされる」という危険性についてもよーくわかりました!

特別講師:ブラックダイヤモンド
2012年に結成し、メディアで大注目の「強め黒ギャル」ユニット。渋谷を拠点に活動し、全国に150名以上のメンバーを擁する。オリジナル楽曲を世界112ヶ国にて配信し、フランスやアメリカでLIVEをするなど、グローバルに活動を展開。彼女達に会える、渋谷の「ガングロカフェ」は人気の観光スポット。そんな彼女達の映画初出演となる作品「黒い暴動」が新宿シネマカリテ他にて上映中!!

T&S的 LINE恋愛術はこれだ!

①「LINE告白」は挨拶できない男といっしょ
②  LINEで匂わせてから会うか電話での告白ならOK
③  文面はさらされる危険性があることを知るべし

関連リンク

Black Diamond公式Twitter
ガングロカフェ公式サイト
映画「黒い暴動」

関連記事リンク(外部サイト)

【通信×防災①】災害発生時、まずスマホでやるべきこと
【紳士のSNS講座】 第9回 「マイナー競技に注目している、目の付けどころがシャープなオレ」をお自慢する。
女子中高生の1/3が使ってる「カップル専用SNS」とは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP